セキュリティ

ランサムウェア攻撃による被害額、2016年は10億ドルの見通し

Herjavec Groupは、ランサムウェアによる被害の調査レポート「Hackerpocalypse:A Cybercrime Revelation」を公表した。同社は、2016年の1年間でランサムウェアによって生ずる被害額は10億ドルに達すると予想している。

 Herjavec Groupは、ランサムウェアによる被害の調査レポート「Hackerpocalypse:A Cybercrime Revelation」を公表した。同社は、2016年の1年間でランサムウェアによって生ずる被害額は10億ドルに達すると予想している。

 ランサムウェアはマルウェアの一種で、PCに感染すると保存されているファイルを暗号化し、読めなくしてしまう。そして、ファイルを復号するのと引き換えに身代金を脅し取るのだ。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan