クラウドストレージ コラボレーション

「LibreOffice」から「Google Drive」へのファイル保存--設定方法と注意事項

オフィススイート製品「LibreOffice」でリモートサーバにファイルを保存するための設定方法と注意事項を紹介する。

 「LibreOffice」には、公開からしばらく経つにもかかわらず正常に動作しないことの多い機能があったが、最新リリースの「LibreOffice 5.2」で、その機能がようやく正常に動作するようになった。

 LibreOfficeのファイルメニューに「Save To Remote Server」(リモートサーバーへ保存)オプションがあることに読者も気づいたはずだ。5.2より前のバージョンでこの機能を使おうとしても、あまり、あるいは全くうまくいかなかった。「Google Drive」アカウントへの接続を試みた場合は、特にそうだった。幸い、5.2ではこの問題が修正されており、すべてのユーザーが簡単にファイルをGoogle Driveに直接保存する機能を享受できるようになった。

 残念ながら、すべてが完璧なわけではない。Google Driveに直接保存しようと試みるとき、注意すべきことが1つある。それは、5.1からこの機能を悩ませてきた注意事項だ。2要素認証を有効にしている場合、おそらくこの機能を利用することはできないだろう。もちろん、2要素認証は有効にしておくべきだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2108文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan