ファイル共有 オーシャンブリッジ

NXPowerLite:文書や画像を圧縮して容量不足を解消するファイル軽量化ソフト

ファイル軽量化ソフトの「NXPowerLite」は、文書や画像のデータを軽量化して、ストレージの利用効率を高める。Word、Excel、PowerPoint、JPEG、TIFF、PDF、ZIPのファイル形式に対応する。

NXPowerLiteのポイント

  • 文書や画像のデータを軽量化して、ストレージの利用効率を高める
  • Word、Excel、PowerPoint、JPEG、TIFF、PDF、ZIPのファイル形式に対応
  • 最大50分の1のファイルサイズに軽量化する

NXPowerLiteの製品解説

 オーシャンブリッジの「NXPowerLite」は、文書や画像のデータを軽量化して、ストレージの利用効率を高めるファイル軽量化ソフトだ。Word、Excel、PowerPoint、JPEG、TIFF、PDF、ZIPのファイル形式に対応。ネットワーク負荷の軽減やファイル保存先の容量不足の解消に役立てられる。最大50分の1のファイルサイズに軽量化するとしている。

編集部おすすめの関連記事

 具体的には、文書ファイルに含まれる画像データの品質を調整してファイルサイズを圧縮する。例えば、Word文書に数MバイトのJPEGデータを貼り付けた場合、保存ファイルにはオリジナルサイズの画像データが保持される。これにファイル軽量化の処理をすると、文書上で適切な画質の画像に調整され、数十Kバイトに圧縮される。さらに、Office文書の場合は、不要なメタデータや「高速保存」の情報を削除する仕組みとなっている。圧縮レベルを調整する機能も備える。

 デスクトップPCで動作する「デスクトップエディション」は、ファイルをアイコンにドラッグ&ドロップするだけで利用できる。また、OfficeのアドインメニューやWindowsエクスプローラの右クリックメニューからも軽量化を実行できる。一度に複数のファイルを軽量化することも可能だ。

 ファイルサーバで動作する「ファイルサーバエディション」は、フォルダとファイルの種類と軽量化の有無を設定し、「開始」ボタンを押すといった利用方法になる。スケジュールを設定し、定期的に自動実行することも可能だ。軽量化が終了した際に、ファイル形式ごとの削減容量などをまとめて表示するレポート機能も備えている。

 ファイル軽量化機能を使ったアプリケーションを開発するための「ソフトウェア開発キット(SDK)」も用意している。

デスクトップエディションの画面例
デスクトップエディションの画面例(オーシャンブリッジ提供)
NXPowerLiteのまとめ
用途と機能文書や画像のデータを軽量化して、ストレージの利用効率を高めるファイル軽量化ソフト
特徴ネットワーク負荷の軽減やファイル保存先の容量不足の解消に役立てられる。Word、Excel、PowerPoint、JPEG、TIFF、PDF、ZIPのファイル形式に対応。最大50分の1のファイルサイズに軽量化する
税別価格ファイルサーバエディション:50万円(1ライセンス)から
デスクトップエディション:7万円(10ライセンス)から
導入企業 兼六土地建物、パナソニックESネットワークス、かんでんエンジニアリング、アクロス、クボタ環境サービス、ノバレーゼ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan