その他データベース ファイルメーカー

月100時間の伝票準備を節約--iPadでゲーム機レンタルの集金作業を効率化

クレーンゲームなどのマシンレンタル事業を展開するKOKADOは、「FileMaker」と「iPad」を組み合わせて集金システムを開発。月100時間の伝票準備を節約し、月末の集金作業を効率化している。

 KOKADO(神奈川県横浜市)は、クレーンゲームやコインゲームなどのゲーム機をショッピングセンターの空きスペースや空きテナントなどに設置、運用するマシンレンタル事業を展開している。横浜を中心に全国10カ所に営業拠点を設置し、およそ800店舗、5000台分のゲーム機を管理している。

iPadを使って集金作業をする現場担当者
iPadを使って集金作業をする現場担当者

 営業担当者は、週に1度のペースでゲーム機の景品補充や機器整備を行い、月末には集金作業がある。集金作業では、支給された「iPad」を用いて、集金システムに集金額や硬貨計数を入力し、本社で集計している。

 この集金システムをデータベースソフトウェア「FileMaker」で開発した。本社と営業所ではPCから集金システムにアクセスする。現在は、営業担当者40人を中心に、経営管理と事務職をあわせて合計50人程度が利用している。

 FileMakerとiPadを使った集金システムについては、ファイルメーカーの開発パートナー企業であるU-NEXUSが構築した。

FileMakerとiPadを組み合わせて集金作業を効率化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1094文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan