その他データベース ファイルメーカー

月100時間の伝票準備を節約--iPadでゲーム機レンタルの集金作業を効率化

クレーンゲームなどのマシンレンタル事業を展開するKOKADOは、「FileMaker」と「iPad」を組み合わせて集金システムを開発。月100時間の伝票準備を節約し、月末の集金作業を効率化している。

 KOKADO(神奈川県横浜市)は、クレーンゲームやコインゲームなどのゲーム機をショッピングセンターの空きスペースや空きテナントなどに設置、運用するマシンレンタル事業を展開している。横浜を中心に全国10カ所に営業拠点を設置し、およそ800店舗、5000台分のゲーム機を管理している。

iPadを使って集金作業をする現場担当者
iPadを使って集金作業をする現場担当者

 営業担当者は、週に1度のペースでゲーム機の景品補充や機器整備を行い、月末には集金作業がある。集金作業では、支給された「iPad」を用いて、集金システムに集金額や硬貨計数を入力し、本社で集計している。

 この集金システムをデータベースソフトウェア「FileMaker」で開発した。本社と営業所ではPCから集金システムにアクセスする。現在は、営業担当者40人を中心に、経営管理と事務職をあわせて合計50人程度が利用している。

 FileMakerとiPadを使った集金システムについては、ファイルメーカーの開発パートナー企業であるU-NEXUSが構築した。

FileMakerとiPadを組み合わせて集金作業を効率化

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1094文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]