開発ツール

ローコード/ノーコード開発を考える--ビジネス部門とIT部門の溝を埋めることへの期待

ビジネス部門は、物事を素早く好転させないという理由でIT部門に憤慨している。IT部門は、重要な作業から自分たちを引き離してしまう業務上の指示を嫌っている。「QuickBase」のような開発プラットフォームは、この問題を解決できるのだろうか。

 世界は問題に直面している。プログラム、アプリ、ウィジェット、ウェブサイトの必要性が高まり続けているにもかかわらず、こうしたものを構築できる人材が足りないのだ。プログラマーは不足しており、今後もプログラマーの専門知識が不要になることはなさそうだ。明らかに何らかの手を打たなければならない。

 コーディングが少なくて済む、もしくはコーディングする必要のない「ローコード/ノーコード」プログラミングプラットフォームは、誰でも思いつく対策であり、人気が高まっている。多くの場合、簡単なアプリであれば、本職のプログラマーに頼らず開発とメンテナンスができてしまう。これは、専門職の肩から重荷を下ろすのにとても貢献してくれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1749文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]