Windows OS Microsoft

「Windows 10」で「Start」メニューをカスタマイズ--昔のようなシンプルさを取り戻す

「Windows 10 Anniversary Update」の「Start」メニューをカスタマイズし、昔のようなシンプルな表示にする手順を紹介する。

 「Windows 10 Anniversary Update」は複数の既存機能の修正に加えて、いくつかの新機能ももたらした。修正された既存機能のうち、注目に値するものの1つに「Start」メニューがある。

 ユーザーが自分の全アプリケーションをより簡単に見つけられるようにするため、MicrosoftはWindows 10 Anniversary UpdateのStartメニューを再設計し、図Aのように、「All Apps」(すべてのアプリ)リストがデフォルトでStartメニューの左側に表示されるようにした。

図A:Windows 10 Anniversary UpdateのStartメニューでは、All Appsリストがデフォルトで左側に表示される。
図A:Windows 10 Anniversary UpdateのStartメニューでは、All Appsリストがデフォルトで左側に表示される。

 この再設計された新Startメニューをいじっているうちに、筆者は独自の「Pare It Down」(簡素化)手法を用いて旧Startメニューの機能性を大幅に向上させたバージョンを作り出すことが、今回の修正で可能になったことに気づいた。筆者は2015年の記事「Manipulating Windows 10's Start Menu」(Windows 10のStartメニューをカスタマイズする)で初めてこの手法を紹介した。そして、この手法を用いて、すべてのタイルを削除した後、Startメニューをリサイズすることを推奨した。しかし、図Bのように、Startメニューの左側のメインディスプレイには、「Most Used」(よく使うアプリ)リストが配置されていたので、自分のアプリケーションにアクセスするためには、依然としてAll Appsアイコンをクリックする必要があった。そのため、この手法は便利ではあったが、完全に満足できるものではなかった。

図B:古い手法は完全なものではなかった。
図B:古い手法は完全なものではなかった。

 過去のバージョンのWindows 10では、このPare It Down手法は完全に満足のいくものではなかった。Startメニューを簡素化した後も、All Appsアイコンをクリックして、アプリケーションにアクセスする必要があったからだ。

 しかし、MicrosoftがWindows 10 Anniversary UpdateのStartメニューに施した修正のおかげで、そうした状況が一変した。詳しく見ていこう。

Startメニューを簡素化する

 先述したように、このPare It Down手法で最初に行う必要があるのは、Startメニューからすべてのタイルを削除することだ。それを行うには、図Cのように、各タイルを右クリックして、「Unpin From Start」(スタート画面からピン留めを外す)を選択する。

図C:タイルを削除するには、Unpin From Startを選択するだけでいい。
図C:タイルを削除するには、Unpin From Startを選択するだけでいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1202文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan