ストレージ仮想化 オレガ

VVAULT:HDDやSSD、NASを束ねて仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ツール

ストレージ仮想化ツールの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築する。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

VVAULTのポイント

  • 内蔵SSDやHDD、外部HDD、NASなどWindowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合
  • バックアップやレプリケーション、ライブマイグレーションなどの機能を備える
  • 専用の筐体は不要でストレージ運用を効率化できる

VVAULTの製品解説

 オレガの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツールだ。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

編集部おすすめの関連記事

 内蔵のソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)に加え、外部HDDやネットワーク接続ストレージ(NAS)など、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。統合するために専用の筐体は必要ない。

 プロビジョニング機能により、システムが持つ物理ストレージの容量とは別に仮想ドライブの容量値を任意に設定できる。実際に用意している物理容量を超えた仮想容量をあらかじめ各部門に割り当てることも可能だ。

 ファイルを更新と同時に複製する「ライブバックアップ」、任意時点のデータを復元する「タイムマシーン」、データ移行中でも完了を待たずに目的のファイルにアクセス可能な「ライブマイグレーション」などの機能を備える。遠隔地へのレプリケーションやレプリケーション済みのデータを使用した高可用性(High Availability:HA)機能もある。

ストレージ仮想化のイメージ
ストレージ仮想化のイメージ(オレガ提供)
VVAULTのまとめ
用途と機能Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して大容量の仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツール
特徴内蔵のSSDやHDD、外付けHDD、NASなど、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる
税別価格企業向けエントリライセンスの「Professional」は10万円
導入企業ギャガ、TBSテレビ、など

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]