ストレージ仮想化 オレガ

VVAULT:HDDやSSD、NASを束ねて仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ツール

ストレージ仮想化ツールの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築する。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

VVAULTのポイント

  • 内蔵SSDやHDD、外部HDD、NASなどWindowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合
  • バックアップやレプリケーション、ライブマイグレーションなどの機能を備える
  • 専用の筐体は不要でストレージ運用を効率化できる

VVAULTの製品解説

 オレガの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツールだ。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

編集部おすすめの関連記事

 内蔵のソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)に加え、外部HDDやネットワーク接続ストレージ(NAS)など、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。統合するために専用の筐体は必要ない。

 プロビジョニング機能により、システムが持つ物理ストレージの容量とは別に仮想ドライブの容量値を任意に設定できる。実際に用意している物理容量を超えた仮想容量をあらかじめ各部門に割り当てることも可能だ。

 ファイルを更新と同時に複製する「ライブバックアップ」、任意時点のデータを復元する「タイムマシーン」、データ移行中でも完了を待たずに目的のファイルにアクセス可能な「ライブマイグレーション」などの機能を備える。遠隔地へのレプリケーションやレプリケーション済みのデータを使用した高可用性(High Availability:HA)機能もある。

ストレージ仮想化のイメージ
ストレージ仮想化のイメージ(オレガ提供)
VVAULTのまとめ
用途と機能Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して大容量の仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツール
特徴内蔵のSSDやHDD、外付けHDD、NASなど、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる
税別価格企業向けエントリライセンスの「Professional」は10万円
導入企業ギャガ、TBSテレビ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]