ストレージ仮想化 オレガ

VVAULT:HDDやSSD、NASを束ねて仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ツール

ストレージ仮想化ツールの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築する。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

VVAULTのポイント

  • 内蔵SSDやHDD、外部HDD、NASなどWindowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合
  • バックアップやレプリケーション、ライブマイグレーションなどの機能を備える
  • 専用の筐体は不要でストレージ運用を効率化できる

VVAULTの製品解説

 オレガの「VVAULT」は、Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツールだ。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる。

編集部おすすめの関連記事

 内蔵のソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)に加え、外部HDDやネットワーク接続ストレージ(NAS)など、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。統合するために専用の筐体は必要ない。

 プロビジョニング機能により、システムが持つ物理ストレージの容量とは別に仮想ドライブの容量値を任意に設定できる。実際に用意している物理容量を超えた仮想容量をあらかじめ各部門に割り当てることも可能だ。

 ファイルを更新と同時に複製する「ライブバックアップ」、任意時点のデータを復元する「タイムマシーン」、データ移行中でも完了を待たずに目的のファイルにアクセス可能な「ライブマイグレーション」などの機能を備える。遠隔地へのレプリケーションやレプリケーション済みのデータを使用した高可用性(High Availability:HA)機能もある。

ストレージ仮想化のイメージ
ストレージ仮想化のイメージ(オレガ提供)
VVAULTのまとめ
用途と機能Windows上にマウント可能な複数のストレージを統合して大容量の仮想ストレージを構築するストレージ仮想化ツール
特徴内蔵のSSDやHDD、外付けHDD、NASなど、Windowsで認識可能な全てのストレージを仮想的に統合できる。バックアップやレプリケーションなどの機能もあり、ストレージ運用を効率化できる
税別価格企業向けエントリライセンスの「Professional」は10万円
導入企業ギャガ、TBSテレビ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  3. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan