IDC Japan

ITインフラの運用をソフトウェアで効率化--IDC Japan

IDC Japanは9月6日、国内ストレージソフトウェア市場の2015年の実績と2020年までの予測を発表した。

 IDC Japanは9月6日、国内ストレージソフトウェア市場の2015年の実績と2020年までの予測を発表した。2015年の国内ストレージソフトウェア市場全体の売上額は915億9300万円で、前年比成長率は2.3%のプラス成長となった。

 また、2015年~2020年の平均年間成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.1%、2020年の市場規模を1015億7400万円と予測している。


国内ストレージソフトウェア市場 売上額予測(2015年は実績値、2016年以降は予測) (IDC提供)

TechRepublic Japan関連記事

 ITインフラの運用をソフトウェアの導入によって効率化、自動化しようとする流れは継続しており、ストレージ運用についてもユーザーが高度なソフトウェア機能を利用する機会が増えている。一方で、ストレージベンダーの販売戦略としては、ソフトウェアの標準バンドル、無償化が進んでおり、国内市場の売り上げ規模は低成長傾向となっている。

 この低成長のストレージソフトウェア市場にあって急速に規模を拡大しているのが、Software-Defined Storageコントロールソフトウェア市場だ。新興ベンダーの動きを追うように大手ベンダーも製品を投入しており、まだセグメントとしての売上規模は小さいながら、メインストリームに向かって確実に歩を進めている状況にあるという。

 2015年の国内ストレージソフトウェア市場におけるベンダーシェアの上位には、第1位EMC、第2位ベリタス、第3位IBMの3社が前年に引き続きランクインした。この3社の売上成長率は市場全体の数値を上回っており、下位との差が開いた状況にある。なお、これらの上位ベンダーについては、大規模ユーザーを中心顧客として課題解決型のセールスを展開しているという共通点が指摘されている。

 同社エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの鈴木康介氏は、以下のように分析している。

 「ストレージソフトウェアの需要面では、ストレージ管理の迅速性、経済性、安全性をいかに高めるか、ソフトウェアに求められる役割は今後ますます重要となる。しかし、その一方で、運用の簡素化を訴求点に市場浸透を図るオールフラッシュアレイの影響により、ストレージソフトウェアのスイート化、標準バンドル化は一層進むであろう。そのため、機能面での要求の高まりに反し、売上規模は低成長となる」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan