モバイル Android

「Android 7.0 Nougat」入門--改善点やビジネスユーザーに必須な理由

米国時間2016年8月22日、「Android 7.0 Nougat」がリリースされた。本記事では、同リリースの新機能や、改善点、アップデートすべき理由、入手方法などについて説明する。

 「Android 6.0 Marshmallow」は、「Android」の第5世代である「Android 5.0 Lollipop」に大幅な改善を施したOSだった。「Android 7.0 Nougat」リリースでは、そこまで際立つ革新的な機能改善はないが、前バージョンのAndroidに磨きをかけるという意味では大きな役割を果たしている。

 本記事では、Androidの最新版であるNougatが提供する機能を紹介する。

概要

  • Nougatとは何か:NougatはAndroidプラットフォームのバージョン7.0である。このリリースでは、セキュリティやバッテリ持続時間など、基盤となるシステムの一部に重要なアップデートが加えられているが、Androidユーザーインターフェースの改善はごくわずかだ。
  • なぜ重要なのか:Nougat以前のAndroidには、長い間、メディアサーバのセキュリティ問題が存在していたが、ついにそれが解決された。また、Nougatは、バッテリとデータ通信量を節約するためにさまざまな手が尽くされている。
  • 誰が利用できるのか:既にMarshmallowを使用しており、長年の懸念だったメディアサーバのセキュリティ問題から解放されること、バッテリ持続時間が向上すること、データ通信量をより効率的に制御できるようになること、より簡単にさまざまな「Settings」(設定)にアクセスできるようになること、そして、これまでよりはるかにセキュアなプラットフォームを利用することを望む、すべてのAndroid端末ユーザー。
  • いつ利用できるようになるのか:米国時間2016年8月22日、Nougatは「Nexus」シリーズ向けにリリースされた。今後、通信キャリアを通して、Marshmallowを搭載するすべての端末に徐々に提供されていくはずだ。
  • どうすれば利用できるのか:無線(Over-The-Air:OTA)アップデートを待ってもいいし、手順に従って手動でファームウェアをインストールしてもいい。

Nougatとは何か

 NougatはAndroidプラットフォームのバージョン7.0である。以下のメーカーが製造した端末で利用できる。

  • ASUS
  • Google/Nexus
  • HTC
  • Huawei(ファーウェイ)
  • LG
  • Motorola
  • NVIDIA
  • OnePlus
  • ソニー
  • Xiaomi(シャオミ)

 Androidユーザーにとって必須のアップグレードとなるべく、Nougatの注目すべき機能には、以下のものが含まれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3078文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]