アクセス管理 ネットアイキュー

NetIQ Access Manager:社内アプリと社外クラウドを安全に利用するアクセス管理

アクセス管理製品の「NetIQ Access Manager」は、社内のウェブアプリケーションと社外のクラウドアプリケーションの認証管理を一元化する。リスクベース認証やシングルサインオンなどの機能を備える。

NetIQ Access Managerのポイント

  • 社内のウェブアプリと社外のクラウドアプリの認証管理を一元化する
  • アクセスを要求するエンドユーザーのリスクを計算して適切な認証を適用
  • 1つのパスワードを使って1度ログインするだけで権限のある全てのウェブアプリにアクセス可能

NetIQ Access Managerの製品解説

 ネットアイキューが提供する「NetIQ Access Manager」は、社内のウェブアプリケーションと社外のクラウドアプリケーションの認証管理を一元化するアクセス管理製品だ。アプリケーションへのアクセスを要求しているユーザーのリスクを計算して適切な認証を適用する「リスクベース認証」や「シングルサインオン(SSO)」などの機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 リスクベース認証では、エンドユーザーのアクセス要求に関連するコンテキスト要素を評価し、認証タイプを決定する。コンテキスト要素には、(1)既知のデバイスや登録済みのデバイスや検証済みのブラウザを使用しているか、(2)想定内の場所から想定内の勤務時間にアクセスしているか、(3)エンドユーザーが過去に同じドキュメントにアクセスしたことがあるか――などがある。

 SSOでは、ユーザーは1つのパスワードを使って1度ログインするだけで、使用権限を持つ全てのウェブアプリケーションにアクセスできる。「SAML」「OAuth」「OpenID Connect」「WS-Federation」といった標準規格の認証連携もサポート。外部のアプリケーションやサービスへのアクセスを安全に保つ。

 ほかに、Microsoft Office 365へのSSO、Microsoft SharePointへのアクセスの効率化、セキュリティトークンによる認証攻撃や不正アクセスの防止、セルフサービスパスワード管理などの機能を備える。iOSやAndroidを搭載するモバイル端末からのアクセスを管理する「NetIQ MobileAccess」も用意する。

NetIQ Access Managerの画面
NetIQ Access Managerの画面(ネットアイキュー提供)
NetIQ Access Managerのまとめ
用途と機能ウェブアプリケーションとクラウドアプリケーションの認証管理を一元化するアクセス管理製品
特徴アプリケーションへのアクセスを要求しているユーザーのリスクを計算して適切な認証を適用する「リスクベース認証」や「ウェブシングルサインオン」などの機能を備える
導入企業Groningen(フローニンゲン)大学、UMB Financial Corporation、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan