販売管理

minpakuIN:民泊対応のセルフチェックインシステム--日英中に対応

セルフチェックインシステムの「minpakuIN」は、民泊サービス事業者の利用を想定。クラウドサービスがベース。専用アプリがインストールされたタブレットやパスポートリーダーなどの機器が支給される。

minpakuINのポイント

  • 民泊サービスなどでの利用を想定したセルフチェックインシステム、日英中に対応
  • 専用アプリがインストールされたタブレットやパスポートリーダーなどの機器が支給される
  • 受付機器には、宿泊情報やパスポート情報などは残らない

minpakuINの製品解説

 xxx(エイジィ)の「minpakuIN」は、民泊サービス業者やホテル向けのクラウド型受付システムだ。クラウドサービスと宿泊施設に置いた受付機器(タブレット)が連携して、セルフサービス型のチェックインサービスを提供する。

編集部おすすめの関連記事

 minpakuINの利用方法は次の通り。宿泊者は、宿泊施設ごとに用意されるウェブサイトで宿泊を予約する。この際に、IDとパスワードを発行する。これを使って、宿泊施設の受付機器で個人認証を行うと、チェックインの手続きが案内される。

 具体的には、宿泊情報の確認、約款へのサイン、パスポートリーダー機器でのパスポート情報の入力(外国籍のみ)などだ。

 これらが完了すると、鍵の受け渡し指示が画面に表示され、チェックイン手続きが完了する。受付機器には、宿泊情報やパスポート情報などは残らない。

 サービスを利用する事業者には、専用アプリがインストールされたタブレットやパスポートリーダーなどの機器が支給される。このため、インターネット回線さえあれば、ほかのIT機器がなくてもサービスを利用できる。

minpakuINの利用イメージ
minpakuINの利用イメージ(xxx提供)
minpakuINのまとめ
用途と機能民泊サービス業者やホテル向けのクラウド型受付システム
特徴受付機器となるタブレットなどの支給も標準のサービスに含まれるので、インターネット回線があればサービスを利用できる
税別価格初期導入費:5万円、月額利用料:5000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan