購買管理 住友電工情報システム

楽々ProcurementII:都度見積もりなど商習慣に標準対応のウェブ購買システム

ウェブ購買システムの「楽々ProcurementII」は、購入依頼から見積もり、発注、入荷検収までの購買業務全般をカバーする。単価契約品自動発注や都度見積もり、事前参考見積もりなど、日本の商習慣に対応した機能を標準で提供する。

楽々ProcurementIIのポイント

  • 購入依頼から見積もり、発注、入荷検収までの購買業務全般をカバー
  • 単価契約品自動発注や都度見積もり、事前参考見積もりなど、日本の商習慣に対応した機能を標準提供
  • ワークフロー機能を備えており業務ごとに承認フローを定義できる

楽々ProcurementIIの製品解説

 住友電工情報システムの「楽々ProcurementII」は、購入依頼から見積もり、発注、入荷検収までの購買業務全般をカバーするウェブ購買システムだ。単価契約品自動発注や都度見積もり、事前参考見積もりなど、日本の商習慣に対応した機能を標準で提供する。

編集部おすすめの関連記事

 ワークフロー機能を備えており業務ごとに承認フローを定義できる。注文書などの帳票は全てPDF形式で作成、保管される。案件に電子ファイルを添付する機能を備えるので、購買業務を電子化できる。30種類のインターフェースを用意しており、会計システム、ERPパッケージ、人事システム、生産管理システム、販売管理システムなどと連携可能だ。多言語、多通貨にも対応する。

 サプライヤー(供給業者)が管理するカタログサイトと連携する機能も備えている。カタログサイトで選択した商品を社内の承認手続きを経て発注することが可能だ。これによって、カタログのメンテナンスが不要になる。

 機能の違いによって、(1)フル機能、大規模向けの「GL」、(2)フル機能、中規模限定の「GS」、(3)購買部門、大規模向けの「SL」、(4)購買部門、中規模限定の「SS」、(5)取引先との電子データ交換(EDI)専用、大規模向けの「EX」――の5モデルがある。

 バージョン7.3では、経理処理や実績集計に必要な管理項目を追加できるようになった。管理項目はこれまで追加提供だった。

楽々ProcurementIIの機能概要
楽々ProcurementIIの機能概要(住友電工情報システム提供)
楽々ProcurementIIのまとめ
用途と機能購入依頼から見積もり、発注、入荷検収までの購買業務全般をカバーするウェブ購買システム
特徴単価契約品自動発注や都度見積もり、事前参考見積もりなど、日本の商習慣に対応した機能を標準で提供する。ワークフロー機能を備えており業務ごとに承認フローを定義できる
税別価格従業員数が最大200人の「SS」モデルで初期導入費は最大1000万円
導入企業住べ情報システム、シオノギ総合サービス、三井化学、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]