モバイル

言語の壁を越える--国際的な仕事に役立つ5つの翻訳/言語学習アプリ

一部の人にとって言語の壁は避けて通りたい問題だが、ビジネスに必要な言語はすべて話せるようになりたいという人もいる。ここでは、どちらのタイプの人にも重宝するアプリ5つを紹介する。

 最新技術のおかげで、われわれの世界はかつてなく小さくなっている。世界中の人と瞬時にコミュニケーションが取れ、言語の壁を軽々と越えてビジネスが展開され、海外出張は市内通勤のように普通のことになっている。

 一部の人にとって言語の壁は避けて通りたい問題だが、ビジネスに必要な言語はすべて話せるようになりたいという人もいる。以下に紹介する5つのアプリは、どちらのタイプの人にも重宝する。

1. Google翻訳

 Googleの翻訳アプリ「Google翻訳」は幾つかの便利な機能を備えており、スマートフォンに入れておいて損はない。タイプ入力、音声入力、さらには手書き入力した言葉をすぐに翻訳できる。手書き入力は、アジアの言語から西欧の言語への翻訳にうってつけだが、一番印象的な機能では決してない。

 Google翻訳で出色なのは、カメラを使ったリアルタイム翻訳機能だ。標識やメニュー、さらには手書きのメモなどにカメラのレンズを向けるだけで、翻訳されたテキストがすぐに画面に表示される。完璧には程遠いが、こうした拡張現実(AR)はリアルタイム翻訳の未来形だ。

 また、言語パックをダウンロードすれば、インターネットに接続していなくてもこのアプリを利用できる。

 Google翻訳はiOS版Android版が無料で入手できる。

2. Duolingo

 技術を使って言語の壁を避けて通るのではなく、新しい言語を学びたい人にとって、「Duolingo」はモバイルアプリにおける良い選択肢になる。このアプリは使いやすく、レッスンは実践的だ。アプリに対して音声入力をするよう求められるので、発音も鍛えられる。

 Duolingoはさまざまなプログラムを提供しており、iOS版Android版は無料で入手できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1096文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]