セキュリティ マルウェア対策

「ランサムウェア」入門--その歴史、攻撃対象、対応策など

このガイドは、ランサムウェアの歴史、ランサムウェアに狙われるシステム、攻撃された場合に身代金の支払いを避ける方法を解説する。

 かつてセキュリティに対する脅威といえば、例えばID不正取得のように、犯罪に悪用可能な情報がシステムから引き出される行為が多かった。現在、犯罪組織は獲物のデバイス、そしてデータを人質にとり、金銭を直接要求するように変化してきた。このような、被害者のデータを暗号化し、復号用の暗号鍵と引き換えに身代金を要求するランサムウェアが、2013年終わりごろから急増している。

 このガイドは、ランサムウェアという脅威の入門書として、その歴史、攻撃対象システム、攻撃された場合に身代金支払いを避ける方法を解説する。

概要

  • ランサムウェアとは?:ランサムウェアはマルウェアの一種だ。ランサムウェアを使うハッカーは、ランサムウェア感染させたデバイスと、そこに保存されているデータへのアクセスを被害者へ返すのと引き換えに、金銭を要求する。身代金の受け渡しには、Bitcoinやプリペイド式クレジットカードが多く使われる。
  • なぜランサムウェアが重要?:ランサムウェアは簡単にばらまけるため、金目当てでランサムウェア攻撃する犯罪組織が増えている。
  • ランサムウェアの影響を受けるのは?:元々は家庭ユーザーが狙われていたのだが、ヘルスケアと公共部門に関連する組織を狙った攻撃の頻度が増えている。企業からの方が、多額の身代金を絞り取りやすいからだ。
  • ランサムウェアのトレンドはいつ?:2013年9月に登場し、それ以降ずっと脅威であり続けている。
  • ランサムウェアの攻撃から身を守るには?:捜査当局とセキュリティ企業の共同開発したさまざまなツールで、被害に遭ったコンピュータを復号できる。

ランサムウェアとは?

 ランサムウェアは、攻撃対象のデバイスとそこに保存されているデータの制御権を、身代金目的で奪うタイプのマルウェアだ。身代金の受け渡しには、Bitcoinなどの仮想通貨がよく利用される。課金可能なSMSメッセージングサービスやプリペイド式クレジットカードが代わりに使われることもある。高度なランサムウェア攻撃は、ディスクやファイルレベルの暗号化を利用し、ハッカーが求める身代金を支払わない限りファイルを元に戻せなくする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1992文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]