運用管理

カイゼンギルド:自社サービスやシステム運用の課題を発見して解決を支援

「カイゼンギルド」は、自社サービスやシステム運用の課題を発見し、解決を支援するサービス。課題の抽出、仮説検証、データの計測分析は、全てギルドワークスが担当する。

カイゼンギルドのポイント

  • 自社サービスやシステム運用の課題を発見し、解決を支援
  • 真因を抽出したら改善につながる仮説を立ててアクションプランを策定
  • 課題の抽出、仮説検証、データの計測分析は、全てギルドワークスが担当

カイゼンギルドの製品解説

 ギルドワークスの「カイゼンギルド」は、自社サービスやシステム運用の課題を発見し、解決を支援するサービスだ。問題を切り分けて真因を見つけ、改善のために何を解決すべきかを深掘りして見定めることが可能だという。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブサービスが使いづらいといった場合、ウェブヒートマップやアプリ解析ツールを用いてユーザーはどんな状況にいるのか、どのようにして使っているのか、といったところから検討する。最初からデザインを変えたりボタンで動線を増やそうとすることはしないため、真因は情報構造の方にあった、ということを見出すことができるという。

 真因を抽出した後は、その改善につながる仮説を立て、検証のためのアクションプランを策定する。ユーザープロセス自体を見直したり、画面のユーザビリティテストを行った上でのUIの改善などを提案する。

 課題の抽出、仮説検証、データの計測分析は、全てギルドワークスが担当する。これらの改善活動を社内に根付かせ、最終的に顧客自身で改善サイクルを回せるようになることを目指す。プロセスを共有に加え、ツールや手法についてのレクチャー、共同ワークショップなどを必要に応じて提供する。

カイゼンギルドのまとめ
用途と機能自社サービスやシステム運用の課題を発見し解決を支援するサービス
特徴問題を切り分けて真因を見つけ、改善のために何を解決すべきかを深掘りして見定めることが可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]