ウェブ会議 NTTアイティ

MeetingPlaza:ネットワーク混雑時も音切れの少ないウェブ会議システム

ウェブ会議システムの「MeetingPlaza」は、PowerPointなどの資料やデスクトップ画面を参加者の間で共有できる。契約していないユーザーも利用できるゲスト招待機能もある。

MeetingPlazaのポイント

  • ネットワーク混雑時も音切れが少ない
  • PowerPointなどの資料やデスクトップ画面を参加者の間で共有できる
  • 契約していないユーザーも招待でき、録画できる機能も利用できる

MeetingPlazaの製品解説

 NTTアイティの「MeetingPlaza」は、インターネット経由でPCやタブレット、スマートフォンから利用できるウェブ会議システムだ。PowerPointなどの資料やデスクトップ画面を参加者の間で共有する機能を備える。サービス版とオンプレミス版がある。

編集部おすすめの関連記事

 音声通信を優先する仕組みと回線状況に応じて通信量を自動調整する技術を利用することで、ネットワークの混雑時も音切れの少ない音声通話が可能。NTTメディアインテリジェンス研究所が開発したエコーキャンセラ機能により、周囲のノイズやエコーを抑えた音声に調整できる。

 最大128拠点の映像を単一の画面に表示できるので、参加拠点の多い会議でも全員の映像を確認できる。注目させたい参加者を画面中央に拡大表示させることも可能。セミナーや社長講話向けなどに、2000人まで参加できるオプション機能を用意する。

 デスクトップ画面のリアルタイム配信、PowerPointのスライドショー表示、ホワイトボードを使った書き込み、動画ファイル再生やExcel、Word、PDF表示などの資料共有機能を備える。ウェブページの共有や、参加者の端末にファイルを残さないファイル共有も可能である。

 ほかに、マイクがなくても会議に参加できるテキストチャット機能、契約していないユーザーも利用できるゲスト招待機能、映像と音声、資料をまとめて録画する機能などを備える。

 世界各地に拠点となるMeetingPlazaサーバを設置し、その拠点間を専用ネットワークで結んだグローバルなサービス網を構築。参加者の多い地域に近い拠点のサーバを使うことで、海外間での低遅延で安定したウェブ会議を実現する。

 WindowsとMacのブラウザから利用できるほか、iOSとAndroid向けのクライアントソフト「MeetingPlaza Mobile」を提供。H.323互換のテレビ会議端末や電話回線からも利用できる。

 「MeetingPlaza Version 8.0」では、映像コーデックにVP8を採用し、多地点を結ぶウェブ会議向けに最適化することで、帯域を従来比で30~60%削減した。さらに、Windowsとモバイル端末の間で互換性のないソフトウェアのファイルを、双方で表示し共有することを可能にした。

MeetingPlazaの画面
MeetingPlazaの画面(NTTアイティ提供)
MeetingPlazaのまとめ
用途と機能ネットワーク混雑時も音切れの少ないウェブ会議システム
特徴インターネット経由でPCやタブレット、スマートフォンから利用できる。PowerPointなどの資料やデスクトップ画面を参加者の間で共有する機能を備える
税別価格最大5台まで同時接続できる定額プラン「定額ライト5」が月額基本料金4万5000円(初期費用3万円)、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan