ERP

ツバイソ:REST APIでさまざまな業務アプリと連携できるクラウド型ERP

クラウド型統合基幹業務システム(ERP)の「ツバイソ」は、REST APIを用いてさまざまなアプリケーションと連携できる。さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる。

ツバイソのポイント

  • 財務管理や販売管理、購買管理、固定資産管理、決算会計管理などに対応
  • REST APIで外部アプリケーションと連携して業務と業績管理を自動化
  • さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる

ツバイソの製品解説

 ツバイソの「ツバイソ」は、さまざまなアプリケーションと連携できるクラウド型の統合基幹業務システム(ERP)だ。外部アプリケーションとの連携にはREST APIを用いる。

編集部おすすめの関連記事

 決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理などの機能がある。外部アプリケーションと連携できるため、さらなる機能拡張が可能だ。

 外部アプリケーションとの連携により、業務と業績管理の自動化が可能になる。業務の自動化は自己学習やクリエイティブ活動時間の創出を、業績管理の自動化はマネジメント層の戦略的な思考を支援するとしている。

 さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる。ビジネスプロセスの中で自動収集された収入、費用、損益情報を、部門別、プロジェクト別、サービスライン別などの多次元で把握可能だ。

ツバイソの構成イメージ
ツバイソの構成イメージ(ツバイソ提供)
ツバイソのまとめ
用途と機能さまざまなアプリケーションと連携できるクラウド型ERP
特徴決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理などの機能がある。外部アプリケーションと連携できるため、さらなる機能拡張が可能
税別価格社員数100人規模の場合、年間15万5000円程度
導入企業エンライズコーポレーション、Nextop.Asia

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]