ERP

ツバイソ:REST APIでさまざまな業務アプリと連携できるクラウド型ERP

クラウド型統合基幹業務システム(ERP)の「ツバイソ」は、REST APIを用いてさまざまなアプリケーションと連携できる。さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる。

ツバイソのポイント

  • 財務管理や販売管理、購買管理、固定資産管理、決算会計管理などに対応
  • REST APIで外部アプリケーションと連携して業務と業績管理を自動化
  • さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる

ツバイソの製品解説

 ツバイソの「ツバイソ」は、さまざまなアプリケーションと連携できるクラウド型の統合基幹業務システム(ERP)だ。外部アプリケーションとの連携にはREST APIを用いる。

編集部おすすめの関連記事

 決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理などの機能がある。外部アプリケーションと連携できるため、さらなる機能拡張が可能だ。

 外部アプリケーションとの連携により、業務と業績管理の自動化が可能になる。業務の自動化は自己学習やクリエイティブ活動時間の創出を、業績管理の自動化はマネジメント層の戦略的な思考を支援するとしている。

 さまざまな視点でリアルタイムに損益を管理できる。ビジネスプロセスの中で自動収集された収入、費用、損益情報を、部門別、プロジェクト別、サービスライン別などの多次元で把握可能だ。

ツバイソの構成イメージ
ツバイソの構成イメージ(ツバイソ提供)
ツバイソのまとめ
用途と機能さまざまなアプリケーションと連携できるクラウド型ERP
特徴決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理などの機能がある。外部アプリケーションと連携できるため、さらなる機能拡張が可能
税別価格社員数100人規模の場合、年間15万5000円程度
導入企業エンライズコーポレーション、Nextop.Asia

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan