マイナンバー

マイナンバーファインダー:個人情報を検出、暗号化、消去するセキュリティツール

セキュリティツールの「マイナンバーファインダー」は、PC内に保存されているマイナンバーなどを検出して暗号化したり、不要なデータを消去したりする。ごみ箱から削除したマイナンバーデータも検出する。

マイナンバーファインダーのポイント

  • PC内にあるマイナンバーなどの個人情報を検出、暗号化、消去する
  • 拡張子を変更した偽装ファイルやUSBメモリに接続した履歴なども検出
  • 検出したデータをその場で復元不可能なレベルで完全に消去できる

マイナンバーファインダーの製品解説

 AOSリーガルテックの「マイナンバーファインダー」は、PC内に保存されているマイナンバーなどの個人情報やパスポート、電話番号などを検出して暗号化したり、不要なデータを消去したりするセキュリティツールだ。

編集部おすすめの関連記事

 ドキュメントファイルを別の拡張子に変更して、不正に持ち出そうとした偽装ファイルなども検出でき、PCにUSBメモリを接続した履歴も検出する。

 フォレンジック技術を利用しており、ごみ箱から削除したマイナンバーデータも検出する機能を備えている。検出したデータをその場で復元不可能なレベルで完全に消去することも可能。

 検出する個人情報は、マイナンバー、クレジットカード番号、携帯電話番号、法人番号、メールアドレス、パスポート番号、運転免許証、電話番号、口座番号である。検出対象となるファイル形式は下表を参照。

検出対象 文書ファイル .txt .csv .xml .html .htm .rtf .pdf .doc .docx .ppt .pptx .xls .xlsx .mpp .prj .sxw .sxc .sxi .odt .ods .odp .chm .mht .123 .xps
電子メール .dbx .pst .eml .msg .oft .nsf
圧縮ファイル .zip .rar .lzh .gz .7z .tar
データベース .mdb .accdb .dbf
マイナンバーファインダーの操作画面
マイナンバーファインダーの操作画面(AOSリーガルテック)
マイナンバーファインダーのまとめ
用途と機能PC内に保存されている個人情報が含まれたファイルを検出、管理するセキュリティツール
特徴マイナンバーなどの個人情報やパスポート、電話番号などを検出して暗号化したり、不要なデータを消去したりする
税別価格年間9万8000円(20ライセンス)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]