運用管理ソフト 日本エクセム

MaxGauge:問題の予兆発見と原因追究を迅速化する運用管理ツール

運用管理ツールの「MaxGauge」は、データベースやウェブアプリケーションで稼働するエージェントソフトが収集した稼働情報をリポジトリに蓄積。リアルタイム分析や事後分析の結果をブラウザから閲覧できる。

MaxGaugeのポイント

  • データベースの各指標、セッション、SQLなどの情報を秒単位で取得、解析して可視化
  • 障害発生時のセッションやSQLの解析結果から、障害発生時のトリガーを特定できる
  • リアルタイム分析、アラート、事後分析などの機能を備える

MaxGaugeの製品解説

 日本エクセムの「MaxGauge」は、データベースやウェブアプリケーションサーバ向けの運用管理ツールだ。ミッションクリティカルな環境において、問題に関する予兆発見と原因追究のための情報を提供し、担当者の業務を効率化するとともに対応を迅速化する。

編集部おすすめの関連記事

 データベースの各指標、セッション、SQLなどの情報を秒単位で取得、解析して可視化する。障害発生時のセッションやSQLの解析結果から、障害発生時のトリガーを特定できる。

 データベースやウェブアプリケーションサーバが動作するサーバに導入したエージェントソフトが収集した稼働情報をMaxGaugeが受け取ってリポジトリに蓄積。リアルタイム分析や事後分析の結果をブラウザから閲覧する仕組みである。

 監視対象とするデータベースソフトごとに「MaxGauge for Oracle」「同 for SQL Server」「同 for MySQL」の3種類の製品を提供し、ウェブアプリケーションサーバの監視向けに「同 for Java」を提供する。いずれも、リアルタイム分析、アラート、事後分析などの機能を備える。

 MaxGauge for Javaは、Oracle WebLogic Server、Apache Tomcat、Red Hat JBoss Middleware、IBM WebSphereなどのアプリケーションサーバ製品のトランザクションや、Javaのクラス情報を含む詳細な稼働情報を時系列で調査分析できる。Oracle Databaseのセッション動作とひも付けて分析する機能をオプションで提供する。

MaxGauge for SQL Serverの分析画面イメージ
MaxGauge for SQL Serverの分析画面イメージ(日本エクセム提供)
MaxGaugeのまとめ
用途と機能データベースやウェブアプリケーションサーバ向けの運用管理ツール
特徴データベースの各指標、セッション、SQLなどの情報を秒単位で取得、解析して可視化する。ユーザーは障害発生時のセッションやSQLの解析結果から、障害発生時のトリガーを特定できる
導入企業レコチョク、野村総合研究所、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]