プロジェクト管理 オープンストリーム

EPM Base:可視化して定量的に把握するプロジェクト管理ツール--Excelと相互変換

プロジェクト管理ツールの「EPM Base」は、ITプロジェクトを可視化して定量的に管理する。プロジェクトで発生するデータを用いて定量的に状況を把握することで、システムの品質担保や納期順守を支援する。

EPM Baseのポイント

  • 不具合数や進行状況などプロジェクトで発生するデータを用いて定量的に管理
  • プロジェクトデータはRedmineのチケットで取り扱う仕組み
  • ExcelやCSV形式データとの相互変換機能を搭載

EPM Baseの製品解説

 オープンストリームの「EPM Base」は、ITプロジェクトを可視化して定量的に管理するためのプロジェクト管理ツールだ。不具合数や進行状況など、プロジェクトで発生するデータを用いて定量的に状況を把握することで、システムの品質担保や納期順守を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 主な機能は、進行中の開発プロジェクトからデータを取得し管理する「データ抽出・生成」機能、規模や工数、工期などの基本データを集計してレポートデータを作成する「データ収集・集計」機能、グラフデータ表示や分析を可能にする「分析レポーティング」機能の3つだ。

 オープンソースソフトウェア(OSS)を活用している。プロジェクト管理の「Redmine」でチケットで取り扱う仕組みをベースにしている。ソースコード管理システム「Subversion」と「Git」を構成管理ツールとして採用し、文書やプログラムの変更情報を自動で収集して負荷軽減を図っている。チケットデータを収集、集計して、定量データ化するデータ連携部分としてビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Pentahoを利用している。

 Excel、Microsoft Project、CSV形式データとの相互変換機能を備えている。PDF、Word、PowerPoint形式の文書としてグラフを保存、編集して報告書を作成することが可能だ。

EPM Baseの構成図
EPM Baseの構成図(オープンストリーム提供)
EPM Baseのまとめ
用途と機能ITプロジェクトを可視化して定量的に管理するためのプロジェクト管理ツール
特徴不具合数や進行状況など、プロジェクトで発生するデータを用いて定量的に状況を把握することで、システムの品質担保や納期順守を支援する
税別価格50ユーザーあたり100万円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan