データ保護 ソフォス

Sophos SafeGuard Encryption:クラウドにも対応するファイル暗号化ツール

データ保護ツールの「Sophos SafeGuard Encryption」は、ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化する。暗号化されたファイルは、管理者があらかじめ指定したアプリケーションでしか開けない。

Sophos SafeGuard Encryptionのポイント

  • ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化
  • 暗号化されたファイルは管理者が指定したアプリケーションでしか開けない
  • クライアント端末でエージェントソフトを動作させる

Sophos SafeGuard Encryptionの製品解説

 ソフォスの「Sophos SafeGuard Encryption」は、ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化するデータ保護ツールだ。WindowsやOS Xだけでなく、iOSとAndroidにも対応する。端末でエージェントソフトを動作させる仕組みだ。

編集部おすすめの関連記事

 ディスク全体とファイルや保存場所を指定する方法に加えて、ファイルをどこに保存しても常に暗号化する機能を搭載する。暗号化されたファイルはどのOSでも開けるため、異なるOS間でファイル共有が可能である。ユーザー認証やアプリケーション認証、デバイス認証を常に実行することもできる。

 暗号化されたファイルは、管理者があらかじめ指定したアプリケーションでしか開けない設定になっており、ユーザー認証を破られて外部から侵入されてもファイルは保護される仕組みである。社外とファイルを共有する場合に自動でパスワード付きファイルに変換する機能も搭載する。

Sophos SafeGuard Encryptionのまとめ
用途と機能ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドなどに保存するファイルを暗号化するデータ保護ツール
特徴WindowsやOS Xだけでなく、iOSとAndroidにも対応する。端末でエージェントソフトを動作させる仕組み。暗号化されたファイルはどのOSでも開けるため、異なるOS間でファイル共有が可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan