データ保護 ソフォス

Sophos SafeGuard Encryption:クラウドにも対応するファイル暗号化ツール

データ保護ツールの「Sophos SafeGuard Encryption」は、ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化する。暗号化されたファイルは、管理者があらかじめ指定したアプリケーションでしか開けない。

Sophos SafeGuard Encryptionのポイント

  • ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化
  • 暗号化されたファイルは管理者が指定したアプリケーションでしか開けない
  • クライアント端末でエージェントソフトを動作させる

Sophos SafeGuard Encryptionの製品解説

 ソフォスの「Sophos SafeGuard Encryption」は、ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドに保存するファイルを暗号化するデータ保護ツールだ。WindowsやOS Xだけでなく、iOSとAndroidにも対応する。端末でエージェントソフトを動作させる仕組みだ。

編集部おすすめの関連記事

 ディスク全体とファイルや保存場所を指定する方法に加えて、ファイルをどこに保存しても常に暗号化する機能を搭載する。暗号化されたファイルはどのOSでも開けるため、異なるOS間でファイル共有が可能である。ユーザー認証やアプリケーション認証、デバイス認証を常に実行することもできる。

 暗号化されたファイルは、管理者があらかじめ指定したアプリケーションでしか開けない設定になっており、ユーザー認証を破られて外部から侵入されてもファイルは保護される仕組みである。社外とファイルを共有する場合に自動でパスワード付きファイルに変換する機能も搭載する。

Sophos SafeGuard Encryptionのまとめ
用途と機能ローカルディスクやファイルサーバ、クラウドなどに保存するファイルを暗号化するデータ保護ツール
特徴WindowsやOS Xだけでなく、iOSとAndroidにも対応する。端末でエージェントソフトを動作させる仕組み。暗号化されたファイルはどのOSでも開けるため、異なるOS間でファイル共有が可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan