セキュリティ

消費者の約2割、攻撃された通販サイトは利用しない--運営会社とセキュリティ意識にずれ

KPMGは、通販サイトに対する消費者の意識調査を実施し、その結果を発表した。

 KPMGは、通販サイトに対する消費者の意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、通販サイトがサイバーセキュリティ攻撃で被害に遭った場合、たとえ然るべき対策がとられたとしても、利用者の19%はそのサイトでの買い物を止めると答えた。

 消費者は、通販業者に対するサイバー攻撃の頻度上昇を警戒しており、よく利用しているサイトでも情報漏えい発生で離れる人が多いという。該当サイトでの買い物を完全に止めはしなくとも、33%は個人情報のさらなる漏えいが心配で少なくとも3カ月は買い物を控えるそうだ。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  2. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  3. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]