その他データベース ファイルメーカー

脱Excel、知識ゼロでシステム内製--サンジゲンのアニメ制作を支える進行管理基盤

アニメ制作会社のサンジゲンは、独自のアニメ制作管理基盤を開発。データベースソフトウェアを基盤にノンプログラミングで構築、約8カ月の短期間でシステムを本格稼働させている。

 アニメ制作会社のサンジゲン(東京都)は、フルCGのアニメ作品『ブブキ・ブランキ』をきっかけに独自のアニメ制作管理基盤を開発した。データベースソフトウェア「FileMaker」を利用することで約8カ月の短期間でシステムの稼働を開始した。

Excelの工程管理では限界

 アニメ制作のぞれぞれの工程の中では、誰が誰にどの作業を振り分け、いま誰がその作業をしているのかをディレクターが把握する必要があるが、従来はメールや口頭での報告が主で、伝達漏れやミスなどが発生して情報の統一が難しかった。

 アニメ制作は工程が多く、進行フローの管理が大きな課題だった。キャラクターやプロップ(小道具)、メカなどのモデル制作で3~5工程、そのモデルに動きを加えるアニメ制作で5工程の計10工程、カット数は1話あたり200~300カットに及ぶ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2421文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan