eラーニング ロゴスウェア

LOGOSWARE Platon:講座割り当て、進捗管理などを支援する学習管理システム

eラーニング学習管理システムの「LOGOSWARE Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理する。講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗管理などを支援する。

LOGOSWARE Platonのポイント

  • 受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗管理などを支援
  • 個人別受講状況や得点分布など6種類のレポートを出力できる
  • 外部システムと連結して機能拡張するためのAPIも備える

LOGOSWARE Platonの製品解説

 ロゴスウェアの「LOGOSWARE Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理するためのeラーニング学習管理システムだ。自宅や会社でインターネットを利用した学習の運用を支援する。オンプレミス版とSaaS版がある。

編集部おすすめの関連記事

 受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗の管理といった学習システムの運用業務を支援し、運用管理者の手間と時間を削減する。

 eラーニング共通化規格「SCORM」(Sharable Content Object Reference Model)に準拠した学習教材作成ソフトウェア群と組み合わせることにより、モバイルラーニング環境を簡単かつ低コストで構築できるという。PCのほかに、スマートフォン、タブレットにも対応する。

 管理者向けレポートは、個人別受講状況や得点分布など6種類のレポートを出力できる。報告書の作成時間を削減し、集計業務の効率を高められる。

 受講者画面、管理者画面ともに多言語表示が可能で、外部システムと連結して機能拡張するためのAPIも備える。1回の認証で異なる複数のシステムにアクセスできるシングルサインオン(SSO)に対応する。

LOGOSWARE Platonのまとめ
用途と機能学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理するためのeラーニング学習管理システム
特徴受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗の管理といった学習システムの運用業務を支援し、運用管理者の手間と時間を削減する
税別価格SaaS型が月額固定で2万8000円(100人)から。オンプレミス版が32万円(30人)から
導入企業シマンテック、日本HACCPトレーニングセンター、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]