eラーニング ロゴスウェア

LOGOSWARE Platon:講座割り当て、進捗管理などを支援する学習管理システム

eラーニング学習管理システムの「LOGOSWARE Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理する。講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗管理などを支援する。

LOGOSWARE Platonのポイント

  • 受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗管理などを支援
  • 個人別受講状況や得点分布など6種類のレポートを出力できる
  • 外部システムと連結して機能拡張するためのAPIも備える

LOGOSWARE Platonの製品解説

 ロゴスウェアの「LOGOSWARE Platon」は、学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理するためのeラーニング学習管理システムだ。自宅や会社でインターネットを利用した学習の運用を支援する。オンプレミス版とSaaS版がある。

編集部おすすめの関連記事

 受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗の管理といった学習システムの運用業務を支援し、運用管理者の手間と時間を削減する。

 eラーニング共通化規格「SCORM」(Sharable Content Object Reference Model)に準拠した学習教材作成ソフトウェア群と組み合わせることにより、モバイルラーニング環境を簡単かつ低コストで構築できるという。PCのほかに、スマートフォン、タブレットにも対応する。

 管理者向けレポートは、個人別受講状況や得点分布など6種類のレポートを出力できる。報告書の作成時間を削減し、集計業務の効率を高められる。

 受講者画面、管理者画面ともに多言語表示が可能で、外部システムと連結して機能拡張するためのAPIも備える。1回の認証で異なる複数のシステムにアクセスできるシングルサインオン(SSO)に対応する。

LOGOSWARE Platonのまとめ
用途と機能学習者一人ひとりの学習進捗状況を把握して管理するためのeラーニング学習管理システム
特徴受講者や講座の登録、受講者への講座割り当て、進捗の管理といった学習システムの運用業務を支援し、運用管理者の手間と時間を削減する
税別価格SaaS型が月額固定で2万8000円(100人)から。オンプレミス版が32万円(30人)から
導入企業シマンテック、日本HACCPトレーニングセンター、など

「eラーニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]