電話・FAX インターコム(台東区)

まいと~く Center:業務システムと連携可能なファクスサーバ--144回線対応

ファクスサーバソフト「まいと~く Center」は最大144回線に対応する最上位版。管理サーバやファクスサーバに障害が発生した場合、他のサーバへ自動で切り替えて各機能を継続。パブリックのIaaSや仮想化環境でも稼働。

まいと~く Centerのポイント

  • 受信したファクスをプレビューして任意のテキストや画像を挿入
  • ファクスイメージを回線番号などから自動で振り分け可能
  • 送信ファクスの管理者承認フローで誤送信を防止

まいと~く Centerの製品解説

 インターコムの「まいと~く Center」は最上位版のファクスサーバソフト。最大144回線に対応。専用ファクス機や複合機を使って紙でやり取りしているファクス送受信をペーパーレス化、電子化し、業務効率化とコスト削減を同時に実現できるという。

編集部おすすめの関連記事

 主要なウェブブラウザで操作できるウェブクライアントも搭載されている。PCやタブレットで使用でき、PDFやTIFFのファイルでファクス原稿を作成、送信できる。

 受信したファクスをプレビューして任意のテキストや画像を挿入可能。注文書や見積書の返信に定型文やハンコを作成して繰り返し使用できる。

 エンドユーザーを登録して管理者か一般ユーザーかの役割を設定するとともに使用できる権限を設定できる。システム障害時にメールでの通知や任意のアプリケーションを起動するように設定できる。自動返信や自動転送、自動印刷、自動エクスポートなども設定できる。

 送受信後のファクスイメージを回線番号や発信者番号、FAX ID、ダイヤルイン番号を条件にしてエンドユーザーやグループに自動で振り分け可能。ファクスイメージは指定したフォルダにPDFやTIFFの形式で保存できる。受信したファクスはメールアドレスはファクス番号に転送することも可能。

 管理サーバやファクスサーバに障害が発生した場合、他のサーバへ自動で切り替えて、ファクス送受信など各機能を継続。ファクス業務の遅延を防ぎ、24時間365日稼働を想定した採用が可能となっている。

 「誤送信防止オプション」を使用すると、送信ファクスの二重チェック(管理者承認フロー)でファクス誤送信を防止。API連携やメール連携、CSVファイル連携と連動して使用できる。「API連携キット」を使えば、業務システムのファクス機能として動作させることが可能だ。

 パブリックのIaaSや仮想化環境でも稼働できる。対応するIaaSはAmazon Web ServicesやMicrsoft Azure、IBM Cloud、FUJITSU Cloud Service for OSS、NEC Cloud IaaS。

 対応する仮想環境はVMware ESXiとMicrosoft Hyper-V。管理サーバとファクスサーバ、業務システムを物理的に同じサーバ上で構築できる。サーバ台数を集約し、サーバ購入費や設定スペースの削減、消費電力や管理負担などの運用コストの削減が可能になる。

まいと~く Centerのまとめ
用途と機能最上位版ファクスサーバソフト
特徴管理者か一般ユーザーかの役割を設定するとともに使用できる権限を設定。管理サーバやファクスサーバに障害が発生した場合、他のサーバへ自動で切り替えて、ファクス送受信など各機能を継続。パブリックのIaaSや仮想化環境でも稼働
税別料金4回線版 NW用 1年保守付きパック(LAN接続アナログ4回線対応通信ハードウェア1台):184万円~

「電話・FAX」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]