POS

ダイニングPOS:セルフオーダーにも対応の飲食店向けPOSシステム--導入を安価に

飲食店向けPOSシステムの「ダイニングPOS」は、テーブルごとの空き席や予約席の状態を管理する。セルフオーダーにも対応する。専用端末の代わりにiOS端末を利用することなどで導入コストを安価に抑えている。

ダイニングPOSのポイント

  • テーブルごとの相席、空き席、予約席の状態を管理できる
  • セルフオーダー向けの機能やテンプレートを豊富に用意している
  • 専用端末の代わりにiOS端末を利用することで全体の導入コストを安価に抑えている

ダイニングPOSの製品解説

 INESTの「ダイニングPOS」は、セルフオーダーに対応した飲食店向け販売時点情報管理(POS)システムだ。専用のハンディターミナルの代わりにiOS端末を利用することなどにより、全体の導入コストを安価に抑えている。

編集部おすすめの関連記事

 テーブルごとの相席、空き席、予約席の状態管理や、簡易な操作で合算精算、個別精算、割り算精算ができるなどの会計機能がある。当日分から6カ月先まで予約することも可能で、予約時にテーブルも指定できる。来店状況や売上状況はメールで自動送信する。

 セルフオーダー向けの機能として、タテ置き、ヨコ置き、商品表示数、カテゴリ表示数など豊富なテンプレートを用意しており、業務にあわせて容易に登録できる。導入後のメニュー変更も可能だ。

 欠品した商品をオーダーストップさせたり、数量限定品の残数を自動でカウントして自動でオーダーストップにステータスを変更するといった機能もある。食べ放題コースや飲み放題コースのような、複数の放題メニューに対応することも可能だ。

ダイニングPOSの構成イメージ
ダイニングPOSの構成イメージ(INEST提供)
ダイニングPOSのまとめ
用途と機能セルフオーダーに対応した飲食店向けPOSシステム
特徴専用のハンディターミナルの代わりにiOS端末を利用することなどにより、全体の導入コストを安価に抑えている
税別価格見積もり例として、POSと注文受け付けシステム(OES)の端末一式、キッチンプリンタ2台導入する場合で55万円
導入企業EDGE、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan