マーケティング Ginzamarkets

GinzaMetrics:数万のキーワードやページを日次で追跡できるSEOツール

検索エンジン最適化(SEO)ツールの「GinzaMetrics」は数千から数万のキーワードやページを日次で追跡できる。競合サイトの順位、これから狙っていくキーワードの上位サイトなどを分析できる。

GinzaMetricsのポイント

  • 数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキング
  • 競合サイトの順位、これから狙っていくキーワード上位サイトなどを分析できる
  • Googleなどの検索エンジン、TwitterやInstagramなどのSNSに対応

GinzaMetricsの製品解説

 Ginzamarketsの「GinzaMetrics」は、調査、分析、最適化、測定などの機能を持つ検索エンジン最適化(SEO)ツールだ。数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキングし、最新のSEO関連データを常時入手できる。

編集部おすすめの関連記事

 分析機能により、競合サイトの順位やトラフィックモニタリング、検索エンジン上の新しい競合、これから狙っていくキーワードの上位サイト、コンテンツをどが分析可能で、競合優位性を高める。

 Google、Yahoo!、Baiduなどの検索エンジン、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアなどから、SEOに必要なデータを収集して可視化することが可能だ。

 検索トラフィックにつながりやすいキーワードの発見を支援する機能や、キーワード、コンテンツ、ページ構造、クローラビリティといった観点で、内部対策をアドバイスする機能も備える。

GinzaMetricsのまとめ
用途と機能調査、分析、最適化・測定などの機能を持つSEOツール
特徴数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキングし、最新のSEO関連データを常時入手できる
税別価格プロフェッショナルプランが月額10万円
導入企業リクルートキャリア、千趣会、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan