マーケティング Ginzamarkets

GinzaMetrics:数万のキーワードやページを日次で追跡できるSEOツール

検索エンジン最適化(SEO)ツールの「GinzaMetrics」は数千から数万のキーワードやページを日次で追跡できる。競合サイトの順位、これから狙っていくキーワードの上位サイトなどを分析できる。

GinzaMetricsのポイント

  • 数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキング
  • 競合サイトの順位、これから狙っていくキーワード上位サイトなどを分析できる
  • Googleなどの検索エンジン、TwitterやInstagramなどのSNSに対応

GinzaMetricsの製品解説

 Ginzamarketsの「GinzaMetrics」は、調査、分析、最適化、測定などの機能を持つ検索エンジン最適化(SEO)ツールだ。数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキングし、最新のSEO関連データを常時入手できる。

編集部おすすめの関連記事

 分析機能により、競合サイトの順位やトラフィックモニタリング、検索エンジン上の新しい競合、これから狙っていくキーワードの上位サイト、コンテンツをどが分析可能で、競合優位性を高める。

 Google、Yahoo!、Baiduなどの検索エンジン、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアなどから、SEOに必要なデータを収集して可視化することが可能だ。

 検索トラフィックにつながりやすいキーワードの発見を支援する機能や、キーワード、コンテンツ、ページ構造、クローラビリティといった観点で、内部対策をアドバイスする機能も備える。

GinzaMetricsのまとめ
用途と機能調査、分析、最適化・測定などの機能を持つSEOツール
特徴数千から数万のキーワードやページを日次でトラッキングし、最新のSEO関連データを常時入手できる
税別価格プロフェッショナルプランが月額10万円
導入企業リクルートキャリア、千趣会、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan