情報漏えい対策

CACHATTO:専用ブラウザで端末に情報を残さないリモートアクセスサービス

法人向けリモートアクセスサービスの「CACHATTO」はグループウェアなどを安全に利用できる。専用のブラウザからアクセスすることで、閲覧した情報を端末に残さない。

CACHATTOのポイント

  • 専用のブラウザからアクセスして閲覧した情報を端末に残さない
  • 主要なグループウェアに対応
  • ネットワークやファイアウォールを大きく変更する必要がない

CACHATTOの製品解説

 e-Janネットワークスの「CACHATTO」は法人向けのリモートアクセスサービス。スマートフォンやタブレット、PCなどから社内のメールやスケジュール、ファイルサーバ、アドレス帳などをセキュアに利用できる。クラウド型グループウェアも活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 CACHATTO専用のブラウザからアクセスすることで、閲覧した情報を端末に残さない。端末からデータを持ち出すこともできないため、端末の盗難や紛失による情報漏えいリスクを抑えることができる。

 導入の際、既存の社内システムやネットワークを大きく変更する必要はない。CACHATTO用のサーバのインターネットへの公開も不要だ。CACHATTOのネットワークサービスは、デバイスと社内システムのやり取りにHTTP/HTTPS経路を利用するため、ファイアウォールの設定変更も必要ない。

 Notes/Domino、Exchange、desknet's、サイボウズなどパッケージソフト、クラウドサービスのGoogle AppsやOffice 365など日本国内で利用されている主要なグループウェアと連携できる。POP/IMAP対応メールサーバ、Windowsファイルサーバとも連携が可能だ。

CACHATTOのオンプレミス設置イメージ。オプションでAmazon Web Servicesにもホスティングできる(e-Janネットワークス提供)
CACHATTOのオンプレミス設置イメージ。オプションでAmazon Web Servicesにもホスティングできる(e-Janネットワークス提供)
e-Janネットワークス CACHATTO
用途と機能法人向けのリモートアクセスサービス
特徴スマートフォンやタブレット、PCなどから社内のメールやスケジュール、ファイルサーバ、アドレス帳などをセキュアに利用できる
導入企業三菱電機、パナソニックシステムネットワークス

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]