情報漏えい対策

CACHATTO:専用ブラウザで端末に情報を残さないリモートアクセスサービス

法人向けリモートアクセスサービスの「CACHATTO」はグループウェアなどを安全に利用できる。専用のブラウザからアクセスすることで、閲覧した情報を端末に残さない。

CACHATTOのポイント

  • 専用のブラウザからアクセスして閲覧した情報を端末に残さない
  • 主要なグループウェアに対応
  • ネットワークやファイアウォールを大きく変更する必要がない

CACHATTOの製品解説

 e-Janネットワークスの「CACHATTO」は法人向けのリモートアクセスサービス。スマートフォンやタブレット、PCなどから社内のメールやスケジュール、ファイルサーバ、アドレス帳などをセキュアに利用できる。クラウド型グループウェアも活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 CACHATTO専用のブラウザからアクセスすることで、閲覧した情報を端末に残さない。端末からデータを持ち出すこともできないため、端末の盗難や紛失による情報漏えいリスクを抑えることができる。

 導入の際、既存の社内システムやネットワークを大きく変更する必要はない。CACHATTO用のサーバのインターネットへの公開も不要だ。CACHATTOのネットワークサービスは、デバイスと社内システムのやり取りにHTTP/HTTPS経路を利用するため、ファイアウォールの設定変更も必要ない。

 Notes/Domino、Exchange、desknet's、サイボウズなどパッケージソフト、クラウドサービスのGoogle AppsやOffice 365など日本国内で利用されている主要なグループウェアと連携できる。POP/IMAP対応メールサーバ、Windowsファイルサーバとも連携が可能だ。

CACHATTOのオンプレミス設置イメージ。オプションでAmazon Web Servicesにもホスティングできる(e-Janネットワークス提供)
CACHATTOのオンプレミス設置イメージ。オプションでAmazon Web Servicesにもホスティングできる(e-Janネットワークス提供)
e-Janネットワークス CACHATTO
用途と機能法人向けのリモートアクセスサービス
特徴スマートフォンやタブレット、PCなどから社内のメールやスケジュール、ファイルサーバ、アドレス帳などをセキュアに利用できる
導入企業三菱電機、パナソニックシステムネットワークス

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan