CMS

クローバ PAGE:ブログ感覚で使えるクラウド型ウェブサイト作成ツール

4ステップでスマートフォンにも対応したウェブページを作成できる。作成したページをソーシャルメディアでシェアする機能を搭載する。

クローバ PAGEのポイント

  • コーディングの知識がなくても4ステップでウェブページを作成できる
  • 作成したページをFacebookやSNSでシェアする機能を搭載
  • タイムライン機能で活動内容や近況をウェブページに投稿できる

クローバ PAGEの製品解説

 クローバの「クローバ PAGE」は、ブログ感覚でウェブページを作成できるクラウド型のウェブサイト作成ツールだ。4つのステップでスマートフォンに対応したフォーム付きのページやランディングページを作成可能。コーディングの知識は必要ない。

編集部おすすめの関連記事

 フォームは自由にカスタマイズできるため、アイデア次第でさまざまな用途に対応できるという。具体的には、キャンペーンやプロモーションといった用途で利用可能だ。フォームからエントリーしたユーザーと、スマートフォンやPCでメッセージをやり取りすることもできる。

 作成したページをFacebookやSNSでシェアする機能もある。フォームへのエントリがどの閲覧者からシェアされたかが分かる。

 タイムライン機能を使えば、活動内容や近況をいつでもウェブページに投稿できる。投稿した写真はギャラリーとして一覧表示することも可能だ。気に入った投稿をシェアすると、トップページのタイムラインに表示されるので、トピックやお知らせ機能としても使うことができる。

クローバ PAGEで作ったウェブサイトのイメージ
クローバ PAGEで作ったウェブサイトのイメージ(クローバ提供)
PAGEのまとめ
用途と機能ブログ感覚でウェブページを作成できるクラウド型のウェブサイト作成ツール
特徴4つのステップでスマートフォンに対応したフォーム付きのページやランディングページを作成可能。コーディングの知識は必要ない
税別価格ベーシックは無料で、作成可能なプロジェクト数が2プロジェクトあたり1フォームなどの制限がある。プレミアムは月額2000円で、作成可能なプロジェクト数が5、フォーム数は無制限

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan