バックアップ ねこじゃらし

Backpulse:バックグラウンドで自動処理されるクラウド型バックアップサービス

クラウド型バックアップサービスの「Backpulse」は、初回バックアップを設定すれば、バックグラウンドで自動的にデータがバックアップされる。データはクライアントPCで暗号化、経路も暗号化されている。

Backpulseのポイント

  • クライアントPCのデータがバックグラウンドで自動的にバックアップされる
  • クライアントPCで暗号化される
  • ファイルや通信経路が暗号化されているため、安全に復元できる

Backpulseの製品解説

 ねこじゃらしの「Backpulse」は、企業向けのクラウド型バックアップサービスだ。データのバックアップやリストアが容易にできることが特徴で、初回バックアップを設定すれば、その後はバックグラウンドで自動的にデータがバックアップされる。対象OSはWindows 7/10とOS X 10.10/10.11。

編集部おすすめの関連記事

 PCには専用のソフトウェアをインストールする。バックアップしたいフォルダやファイルを選択すると、ファイルは全てローカル側で暗号化され、クラウドに自動バックアップされる仕組みとなっている。

 クラウドにバックアップされたファイルは、いつでも容易にリストアできる。ファイルや通信経路が暗号化されているため、安全に復元できる。バックアップデータは、Amazon Web Services(AWS)に保管される。

Backpulseの画面
Backpulseの画面(ねこじゃらし提供)
Backpulseのまとめ
用途と機能企業向けのクラウド型バックアップサービス
特徴データのバックアップやリストアが容易。バックアップしたいフォルダやファイルを選択すると、ファイルは全てローカル側で暗号化され、クラウドに自動バックアップされる
税別価格容量が25Gバイトでユーザーあたり月額500円

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]