経費精算・旅費精算

MFクラウド経費:領収証の入力代行などで業務を効率化する経費精算SaaS

クラウド型経費精算システムの「MFクラウド経費」は、領収書やレシートをスマートフォンで電子化して承認フォームに添付する機能、領収書をオンラインでチェックする機能などを搭載している。

MFクラウド経費のポイント

  • 領収証の入力代行、明細データの自動取得などで申請の手間を削減
  • 領収書のオンラインチェック、不備入力の防止で申請の確認を支援
  • MFクラウドシリーズ、会計システムと連携する機能を搭載

MFクラウド経費の製品解説

 マネーフォワードの「MFクラウド経費」は、経費精算にかかる作業を自動化し、業務を効率化するクラウド型経費精算システムだ。領収証のチェック機能や不備入力の防止機能、会計システムとの連携機能を備えている。

編集部おすすめの関連記事

 従業員向けには、経費精算の申請の手間を削減する機能を提供。領収書やレシートをスマートフォンのカメラで撮るだけで電子データ化して承認フォームに添付する機能や、交通費の精算時に経路を入力するだけで金額を自動計算する機能、クレジットカードや銀行のネットサービスと連携して明細を自動的に取り込む機能、交通系ICカードから明細を取り込む機能などがある。

 承認者向けには、申請のチェックを支援する機能を提供。領収書をオンラインでチェックする機能や、申請内容に不備があった場合にチャットで連絡する機能などを備える。経費科目ごとに、領収書や出席者情報が入力されていない場合に警告を出す、または申請できなようにするなどの設定も可能だ。

 同社の同社の「MFクラウド会計」やや「MFクラウド給与」と連携する機能も備えている。このほかの会計システムと連携するために、経費データを仕訳データとして出力する機能も備える。

MFクラウド経費の画面イメージ
MFクラウド経費の画面イメージ(マネーフォワード提供)
MFクラウド経費のまとめ
用途と機能経費精算にかかる作業を自動化し、業務を効率化するクラウド型経費精算システム
特徴領収書やレシートをスマートフォンのカメラで撮るだけで電子データ化して承認フォームに添付する機能や、交通費の精算時に経路を入力するだけで金額を自動計算する機能を提供する
税別価格パーソナルプラン(個人利用向け):月額300円、ビジネスプラン(事業会社向け):1ユーザーあたり月額500円
導入企業ユーザベース、ニューズピックス、Retty、ChatWork、エアークローゼット、アジケ、ワーク・ライフバランス、フォトシンス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan