OS Microsoft

「Windows 10」の不要アプリを削除する--タイルの右クリックが使えない場合

「Windows 10」の一部アプリは、通常の方法でアンインストールできない。削除するには、「PowerShell」のコマンドを使う必要がある。具体的な手順を説明しよう。

 筆者の個人的な好みだが、PCのデスクトップが散らかっているのは嫌いだ。デスクトップには、普段使うアプリだけを表示させておきたい。そのほかのアプリは、アンインストールされるか、せめて隠されているべきだ。ところが、Microsoftの「Windows 10」には、単なるマウスの右クリック操作だと削除できないアプリがいくつか存在する。右クリックしても、メニューに「アンインストール」が表示されないよう設定されているためである。Microsoftも卑怯なことをするものだ。

 「Xbox」「Mail」「Calendar」「Calculator」「Store」などのアプリをアンインストールするには、「PowerShell」で特別なコマンドを入力しなければならない。

 注意:ここでアンインストール方法を紹介するアプリのなかには、Windows 10と密接に関係しているものもあり、削除で問題を起こしかねない。何を削除するかについては、慎重に決めてもらいたい。また、削除は、読者自身の責任で実行してほしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1476文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan