ストレージ EMC

テープレスバックアップ--EMC、Rubrik、Cohesityのアプローチからあらためて考える

テープレスバックアップについて、EMCの「Data Domain」、そして、RubrikとCohesityといった企業のアプローチを見ることであらためて考察する。

 2004年、SATA HDの価格下落が注目を集めた。当時、筆者は小規模なデータセンターを運用していたが、すぐにテープの管理にうんざりするようになった。バックアップウィンドウがあまりにも長く、物理テープの管理は退屈な作業だった。

 筆者は安価なPromise TechnologyのDASアレイを購入して、ディスクに直接バックアップすることに決めた。そのPromiseのアレイに15個程度のディスクを搭載し、約4.5テラバイトの未使用ディスク容量を利用できるようにした。そして、このアレイを「ARCserve」バックアップソフトウェアのターゲットにした。これによりバックアップ回数が増え、日中にテープにアーカイブすることが可能になった。

 現在の基準で言えば、そのソリューションは稚拙なものだったが、テープレスバックアップを先取りしたものでもあった。今、最新のテープレスオプションをあらためて検討するのは、有意義なことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1897文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan