ストレージ EMC

テープレスバックアップ--EMC、Rubrik、Cohesityのアプローチからあらためて考える

テープレスバックアップについて、EMCの「Data Domain」、そして、RubrikとCohesityといった企業のアプローチを見ることであらためて考察する。

 2004年、SATA HDの価格下落が注目を集めた。当時、筆者は小規模なデータセンターを運用していたが、すぐにテープの管理にうんざりするようになった。バックアップウィンドウがあまりにも長く、物理テープの管理は退屈な作業だった。

 筆者は安価なPromise TechnologyのDASアレイを購入して、ディスクに直接バックアップすることに決めた。そのPromiseのアレイに15個程度のディスクを搭載し、約4.5テラバイトの未使用ディスク容量を利用できるようにした。そして、このアレイを「ARCserve」バックアップソフトウェアのターゲットにした。これによりバックアップ回数が増え、日中にテープにアーカイブすることが可能になった。

 現在の基準で言えば、そのソリューションは稚拙なものだったが、テープレスバックアップを先取りしたものでもあった。今、最新のテープレスオプションをあらためて検討するのは、有意義なことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1897文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan