SDN/ネットワーク仮想化

マイクロセグメントにステルス--セキュリティから考えるSDNのメリット

SDNと言えば、従来よりも迅速にネットワークの構成を変更できることがメリットとされている。しかし、ネットワークセキュリティについて動的に対応できることもメリットの一つである。

 世界中の企業にとって、Software Defined Networking(SDN)は、ネットワーク基盤のあり方を大きく変えようとしている。仮想化技術がサーバやストレージに大きな革命をもたらしたが、それと同様の進化と革命がネットワークの世界でも起こっている。

 SDNで期待されるメリットには、複数の側面がある。第一に、全社規模での新サービスを展開するスピードを速め、ネットワークをシンプルにすることが挙げられる。次に、柔軟性と運用効率によるコスト削減も期待できる。しかし、SDNの最も重要な要素の1つに挙げられるのが、ネットワークセキュリティに対する動的な対応である。

 Gartnerは、ITセキュリティに対する全世界の支出額が今後増加の一途をたどり、2018年の情報セキュリティに対する全世界の支出額は1010億ドルに上ると予想している。さらに、アジア太平洋地域の企業の59%が、不正行為の事例が今後5年間で増加すると予想しており、回答者の過半数は、その防御戦略により多くの時間とコストを費やしている。

 世界各国の重要機関に対する侵入事件が毎週のように報じられているが、ここではSDNを活用することで、自社ネットワークのセキュリティを保護し、侵入を水際で食い止める方法をネットワークの観点から紹介する。

1.ネットワーク仮想化技術によるマイクロセグメント化

残り本文:約2654文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan