ETL EAI/ESB ユニリタ

Waha! Transformer:ノンプログラミングでデータフローを開発できるETLツール

データ連携(ETL)ツールの「Waha! Transformer」は、さまざまな形式のデータを指定した形式にノンプログラミングで変換する。データの入力から加工、出力までをドラッグ&ドロップによる操作で構築できる。

Waha! Transformerのポイント

  • さまざまな形式のデータを指定した形式にノンプログラミングで変換
  • データの入力から加工、出力までをドラッグ&ドロップによる操作で構築
  • 約100種類の関数を適用してデータを加工できる

Waha! Transformerの製品解説

 ユニリタの「Waha! Transformer」は、さまざまな形式のデータを指定した形式にノンプログラミングで変換するデータ連携(ETL)ツールだ。データの入力から加工、出力までをドラッグ&ドロップによる操作で構築できることが特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 対応するデータソースは、データベース管理システム、統合基幹業務システム(ERP)、デスクトップアプリケーションなど(詳細は下記の表を参照)。バイナリ形式でメインフレームのSAMファイルを直接読み込むことも可能だ。

 データフローは、GUIベースの開発ツール「Designer」で定義する。データソースからデータをインポートした後に、データの取り込み方法を指定する「ビューフィルタ」を選択する。ビューフィルタには、SQLのJOIN(結合)に相当する「結合ビューフィルタ」や複数の入力データをマージする「統合ビューフィルタ」、合計、平均、最大、最小などの集計を実行する「集計ビューフィルタ」など9種類がある。さらに、約100種類の関数を適用してデータを加工できる。

 最新版のバージョン5.1では、個人情報やマイナンバー、クレジットカード情報などを扱う業務の要求に応えるセキュアなデータ処理機能を追加。抽出、加工、集計の過程で文字列の一部分を指定の値でマスキング(または文字列、日付、数値を指定された範囲でランダムに置き換える)する機能や、カラム単位にデータを暗号化する機能などが追加された。

Waha! Transformerの利用イメージ
Waha! Transformerの利用イメージ(ユニリタ提供)
Waha! Transformerのまとめ
用途と機能さまざまな形式のデータを指定した形式にノンプログラミングで変換するETLツール
特徴データの入力から加工、出力までをドラッグ&ドロップによる操作で構築可能。約100種類の関数を適用してデータを加工できる
対応するデータソース 【データベース】
Oracle、Microsoft SQL Server、IBM DB2、MySQL、PostgreSQL、Amazon RDS、MaxDB、ODBC対応データベース
【データウェアハウス】
WingArc Dr.Sum EA、Hyperion Essbase、Sybase IQ、IBM Red Brick Warehouse、Amazon Redshift
【ERP】
SAP R/3 4.6~SAP ERP 6.0
【アプリケーション】
Microsoft Access、Microsoft Excel、Salesforce.com
対応するデータタイプパック、アンパック(ゾーン)、BCD、数値型(内部浮動小数点)、数値文字列型(内部BCD)、整数型、文字型、日付型、日付時刻型、時刻型、浮動小数点型、バイナリ型、LOB型、FILE型、XML型
導入企業 上新電機、ミズノ、熊谷組、ダイフク、日本特殊陶業、デンソー、味の素ゼネラルフーヅ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan