クラウド

世界パブリッククラウドサービス支出、2020年に1950億ドル規模--2016年の約2倍

IDCは、世界パブリッククラウドサービス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2020年の支出額は1950億ドルを超える規模にまで増える見通しだという。

 IDCは、世界パブリッククラウドサービス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2020年の支出額は1950億ドルを超える規模にまで増える見通しだという。これは、2016年の予想支出額965億ドルに対し2倍を上回る金額で、2015年から2020年の年平均成長率(CAGR)は20.4%となる。

 IDCソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)/ビジネスモデル担当シニア調査アナリストのBenjamin McGrath氏は、「今後5年間、クラウドソフトウェアは、従来型のソフトウェア製品を大きく上回るペースで伸びる。そのペースは、ソフトウェア市場全体に比べ3倍近く速く、同市場の成長をけん引する主力になるだろう」と述べる。

 そして、「2020年には、企業向けソフトウェア新規購入全体のおよそ半分が、サービスイネーブルド(サービス化可能)ソフトウェアで占められる。クラウドソフトウェアが、ソフトウェア販売全体の4分の1を超える」と予測した。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan