クラウドサービス

「Slack」入門--機能追加で組織内コミュニケーションをさらに円滑化

「Slack」は組織内コミュニケーションを効率化するコラボレーションツールだ。Slackの各機能、用途、適しているユーザー、競合サービスなどを紹介する(2016年8月17日公開、2018年12月3日更新)。

 情報経済において、組織内でのディスカッションを1つ1つ調べて分類するのは、骨の折れる作業になることもある。ディスカッションが何通もの電子メールのやりとりで交わされる場合はなおさらだ。クラウドベースのチームコラボレーションツール「Slack」の狙いは、組織内のコミュニケーションを簡素化して、効率を高めることにある。

 このSlackの手引きは、分かりやすいSlack入門書である。ITリーダーは本記事によって、Slackの新機能や連携サービス、競合サービス、このテクノロジの活用方法に関する最新情報を常に把握することができる。

概要

  • Slackとは何か?職場の共同作業の中心になること、そして組織で使用している他の製品と統合して使うことを目的に設計されたクラウドベースのツールだ。
  • なぜ重要なのか?コミュニケーションの簡素化によって生産性向上を図るツールだからだ。
  • どのようなユーザーに恩恵があるのか?事実上どんなグループでもSlackを利用できる。無料プランでも、グループに追加できるユーザー数に制限はない。
  • いつから提供されているのか?Slackは2013年8月に公開された。その後も開発者が絶え間なく新機能をリリースし、改善が続いている。
  • どうすれば利用できるのか?自分のSlackチームを無料で作成することができる。追加機能がある有料プランも用意されており、教育機関や非営利組織は割引価格で利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4948文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]