NTTアイティ

viaPlatz:動画上に図形や文字を描ける動画配信システム--ライブ配信にも対応

動画配信システムの「viaPlatz」は、PCやスマートフォン、タブレットで視聴が可能で、端末に応じたビットレートで配信する。動画上に図形や文字を自由に描いたり、タイムライン上にコメントを書き込んだりできる。

viaPlatzのポイント

  • 動画はスマートフォンやタブレットでも視聴可能、端末に応じたビットレートで配信
  • 動画上に図形や文字を自由に描いたり、タイムライン上にコメントを書き込んだりできる
  • ライブ配信にも対応し、自動でビデオオンデマンド(VOD)化することも可能

viaPlatzの製品解説

 NTTアイティの「viaPlatz」は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスで利用できる動画配信システムだ。動画はPC、スマートフォン、タブレットで視聴が可能で、端末に応じたビットレートで配信する。動画上に図形や文字を自由に描いたり、タイムライン上にコメントを書き込んだりできる。

編集部おすすめの関連記事

 動画上に丸や矢印、文字などを描いたり、タイムライン上にコメントの書き込みをすることで、視聴者の注意を喚起し、ノウハウを的確に伝えられる。コメントから見たいシーンを選んで視聴できるので、ビデオ視聴の負担を軽減できる。

 管理者は、視聴権限やコメント書き込み権限を、動画ごとにユーザーとグループの単位で設定できる。ユーザーやグループは、CSVファイルで一括の登録と変更が可能で、グループに所属しているユーザーを一度に変更する機能も備える。

 動画を見終わった後にテストやアンケートを実施して、視聴者の理解度を確認することが可能。さらに、ログレポート機能により、期間やコンテンツを指定して、再生回数や視聴時間などを確認できる。

 カメラとPCを使用したライブ配信も行える。数千人規模のライブ配信にも対応し、ライブ映像は自動でビデオオンデマンド(VOD)化することも可能である。

 最新版のviaPlatz 3.1では、動画への書き込みアイテムのオブジェクト化により、編集作業の手間を削減。ライブ配信において、新たにウェブ版ライブ配信用アプリケーションとハードウェアエンコーダに対応した。

viaPlatzのシステム構成例
viaPlatzのシステム構成例(NTTアイティ提供)
viaPlatzのまとめ
用途と機能パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスで利用できる動画配信システム
特徴動画はPC、スマートフォン、タブレットで視聴が可能で、端末に応じたビットレートで配信する。動画上に図形や文字を自由に描いたり、タイムライン上にコメントを書き込んだりできる
税別価格パブリッククラウドのベーシックが月額4万円から、プロフェッショナルが同8万円から、プレミアムが同12万円から(いずれも初期費用5万円)。オンプレミスのライセンス価格が160万円から
導入企業エヌ・ティ・ティ エムイー、NTT東日本-南関東、大阪府済生会茨木病院、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan