グループウェア サイボウズ

サイボウズLive:チーム運営に必要な機能を無料で使えるグループウェアサービス

グループウェアサービスの「サイボウズLive」は、スケジュールを共有し、メンバーの書き込みをタイムラインで表示。1グループで300人まで参加できる。リアルタイムのチャットにも対応している。

サイボウズLiveのポイント

  • スケジュール共有、タイムライン、1Gバイトまでのフォルダ共有
  • リアルタイムチャットはグループ、1対1に対応
  • 1つのグループに300人まで参加可能

サイボウズLiveの製品解説

 サイボウズの「サイボウズLive」は、チーム運営に必要な機能がそろったグループウェアサービスだ。グループチャットや掲示板、ファイル共有などの機能を、クライアントPC、スマートフォン、携帯電話から無料で利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 招待したメンバーで構成する「グループスペース」を作成して情報を共有できる。1グループには300人までが参加可能でいくつでも作れる。

 グループでは、メンバーの書き込みを時系列で表示するタイムラインのほか、掲示板、イベントやスケジュールの登録と共有、ToDoリスト、1グループにつき1Gバイトまで使える共有フォルダなどの機能を使える。共有フォルダに保存したファイルは、3世代までバージョンを管理できる。

 リアルタイムにやり取りするチャット機能は、複数のメンバーとのグループチャットや1対1のダイレクトチャットをサポートする。グループチャットには300人まで参加可能で、1ユーザーあたり1Gバイトのファイルを添付できる。

 掲示板は、トピックを整理するためのカテゴリ分け、共同編集、まとめページ、装飾表現を使った文書作成などの機能を搭載。Wikiのように情報を整理して共有できる。

 ホーム画面には、参加中のグループの新着情報やイベント情報を集約して表示。グループごとに新着通知をまとめているので、効率よく新着情報を確認することが可能。クライアントPCでは、よく閲覧するウェブサイトのリンクを共有する「リンク集」、グループ内の投稿を横断的に検索する「グループ内検索」の機能を使える。

サイボウズLiveの画面
サイボウズLiveの画面(サイボウズ提供)
サイボウズLiveのまとめ
用途と機能チーム運営に必要な機能がそろったグループウェアサービス
特徴グループチャットや掲示板、ファイル共有などの機能を、クライアントPC、スマートフォン、携帯電話から無料で利用できる
税別価格無料
導入企業RER Agency、ハイテンション、ホームケアサプライ、留学ジャーナル、日本交通、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan