経費精算・旅費精算

Dr.経費精算:企業ごとに仕訳を学習、自動登録する経費精算サービス

クラウド型経費精算サービスの「Dr.経費精算」は、スマートフォンで領収書を撮影し、アプリやブラウザから送信するだけでオペレーターが入力を代行する。企業ごとに勘定科目仕訳を学習し、よく登録する出費や交通費は自動登録する。

Dr.経費精算のポイント

  • スマートフォンで領収書を撮影し、送信するだけでオペレーターが入力を代行
  • 「ScanSnap」に対応し、複数の領収書の一括取り込みとアップロードが可能
  • 企業ごとに勘定科目仕訳を学習し、よく登録する出費や交通費は自動登録

Dr.経費精算の製品解説

 BearTailの「Dr.経費精算」は、経費精算にかかる時間を効率化するクラウド型経費精算サービスだ。スマートフォンで領収書を撮影し、アプリやブラウザから送信するだけでオペレーターが入力を代行する。入力にかかる手間を削減でき、入力ミスも防げる。

編集部おすすめの関連記事

 PFUが提供するスキャナ「ScanSnap」に対応し、複数の領収書の一括取り込みとアップロードが可能である。クレジットカードや電子マネーの明細から経費情報を自動取得し、経費に該当する項目を選んで申請や登録することもできる。

 データの保存、電子明細の作成、データから電子明細への変換など経費精算の一連の処理をサポート。申請者だけでなく承認者もモバイルで対応可能で、オフィスに戻ることなく、遠隔地から経費精算の処理を完結できる。

 企業ごとに勘定科目仕訳を学習し、よく登録する出費や交通費は自動登録し、ワンタップで登録可能になる。さらに、企業における経費利用のルール違反をチェックし、アラームで注意を促すと同時に、システムとしてポリシー違反の申請を排除するなどしてガバナンス向上を支援する。

入力経費の一覧画面と個別経費の内容確認画面
入力経費の一覧画面と個別経費の内容確認画面(BearTail提供)
Dr.経費精算のまとめ
用途と機能経費精算にかかる時間を効率化するクラウド型経費精算サービス
特徴スマートフォンで領収書を撮影し、アプリやブラウザから送信するだけでオペレーターが入力を代行する。入力にかかる手間を削減でき、入力ミスも防げる
税込価格個人事業主、フリーランス向けのパーソナルプランが月額980円から、中小規模事業者向けのコーポレートプランが月額9800円(10IDから)から
導入事例キャスター、秀建、クフ、エニドア、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan