ウェブアプリケーション Google

「Evernote」対抗のメモアプリ「Google Keep」--自動作成トピック機能で生産性を向上

メモアプリ「Google Keep」は、アイデアにタグ付けをしたり、リストを作ったり、こまごまとした情報を記録したりと、多くの目的に利用可能だ。ここでは、同アプリに新たに追加されたトピックの自動作成機能を紹介する。

 筆者は「Google Keep」を毎日、毎時間のように使っている。アイデアにタグ付けをしたり、リストを作ったり、こまごまとした情報を記録したりと、その用途は多岐にわたる。この便利なツールがなかったら、日々の生産性はがた落ちするだろう。だから、GoogleがKeepの新機能を発表するたびに、その改良がKeepをさらに前進させるものであることを祈る。

 Googleは先日、Keepのある生活をいっそう生産的にしてくれるアップデートを発表した。このアップデートには、トピックの自動作成機能が含まれている。

 その通り。あなたがメモにトピックのタグをつけ損ねても、Keepがタグ付けを試みてくれる。なぜこれが重要なのか。(筆者と同じような)Keepのパワーユーザーになると、ラベルの重要性がわかる。私自身のGoogle Keepはメモであふれかえっており、探しているものを見つけるにはラベルに頼るしかない。私はメモを追加する際のタグ付けをおおむねかなりうまくやれている。しかし、たまにしか使わないタグは付け忘れることがある。こうしたラベルをつけられなかったメモについて、今回の新機能で効率と生産性がかなり高まることになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1832文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan