経費精算・旅費精算

STREAMED:手書きも99.9%の精度で読み取れるクラウド型経費精算アプリ

クラウド型経費精算アプリの「STREAMED」は、スマートフォンでアプリを立ち上げてカメラで領収書を撮るだけでデータを入力できる。手書きの領収書も99.9%の精度で読み取れる点が特徴だ。

STREAMEDのポイント

  • スマートフォンのカメラで領収書を撮るだけでデータを入力できる
  • 手書きの領収書も99.9%の精度で読み取れる
  • スキャナを接続して領収書の一括データ化も可能

STREAMEDの製品解説

 クラビスの「STREAMED」は、スマートフォン向けのクラウド型経費精算アプリだ。スマートフォンでアプリを立ち上げてカメラで領収書を撮るだけでデータを入力できることが特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 手書きの領収書も99.9%の精度で入力でき、確認して修正するストレスがないという。カメラでの撮影に加え、スキャナを接続して大量の領収書を取り込み、一括してデータ化することも可能だ。

 「駅すぱあと」の運賃検索システムと連動して動作する。そのため、外出先でも簡単に交通費が記録できる。

 クラウド型であるため、クライアントPCでも同じデータを管理することができる。経費精算の際にクライアントPCでデータをダウンロードし、Excelで加工するといった使い方も可能だ。

 CSVデータでダウンロードして、仕訳データとして、「弥生」「MFクラウド会計」など外部の会計ソフトに取り組むこともできる。

STREAMEDの画面イメージ
STREAMEDの画面イメージ(クラビス提供)
STREAMEDのまとめ
用途と機能スマートフォン向けのクラウド型経費精算アプリ
特徴手書きの領収書も99.9%の精度で入力でき、確認して修正するストレスがない。スキャナを接続して大量の領収書を取り込み、一括してデータ化することも可能
税別価格毎月5枚までの領収書の自動データ化が可能なフリープランは無料、6枚以上は1枚あたり30円かかるプロプラン・ライトが月額300円、101枚以上は1枚あたり20円かかるプロプランが月額1950円
導入企業上田洋平税理士事務所、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan