CMS

すこぶるCMS:ひな形をカスタマイズするクラウド型CMS--独自ドメインも対応

クラウド型CMSの「すこぶるCMS」は、教育や医療など8業態向けのテンプレートをカスタマイズして利用できる。ドメイン名を取得するサービスも提供し、ワンストップで自社サイトを構築できる。

すこぶるCMSのポイント

  • 教育や医療など8業態向けのテンプレートをカスタマイズして利用できる
  • Movable Type Open Sourceをベースにブログと同様に使える
  • ドメイン名を取得するサービスも提供

すこぶるCMSの製品解説

 アイ・リンク・コンサルタントの「すこぶるCMS」は、クラウド型のコンテンツ管理システム(CMS)だ。GNU GPLライセンスで公開されているオープンソース版「Movable Type Open Source」を利用している。ドメイン名を取得するサービスも提供しており、ワンストップで自社サイトを構築できる点が大きな特徴。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブページのレイアウトは利用者が設定できる。「一般企業」「宿泊施設」「美容室」「飲食店」「教育」「医療」「製造」「建築」の8業態向けのテンプレートを用意しており、通常はこれをカスタマイズして利用することになる。

 ブログを設定管理する機能を搭載。新規コンテンツは、この機能を利用して追加していく。追加されたコンテンツは、新着情報としてトップページにリンクが張られるようになっている。標準で取得したドメイン名のメールアカウントを1つ提供する。

 オプションで、ショッピングカート機能を導入することが可能で、通販サイトとしても利用できる。ページ修正やアクセス報告、検索エンジン最適化(SEO)に関する情報提供や助言などの運用保守サービスを有償で提供する。

すこぶるCMSのまとめ
用途と機能クラウド型のCMS
特徴Movable Type Open Sourceを利用。ドメイン名を取得するサービスも提供しており、ワンストップで自社サイトを構築できる
税別価格初期設定費用:3万2400円、サーバ使用料:年間5万400円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]