CMS

すこぶるCMS:ひな形をカスタマイズするクラウド型CMS--独自ドメインも対応

クラウド型CMSの「すこぶるCMS」は、教育や医療など8業態向けのテンプレートをカスタマイズして利用できる。ドメイン名を取得するサービスも提供し、ワンストップで自社サイトを構築できる。

すこぶるCMSのポイント

  • 教育や医療など8業態向けのテンプレートをカスタマイズして利用できる
  • Movable Type Open Sourceをベースにブログと同様に使える
  • ドメイン名を取得するサービスも提供

すこぶるCMSの製品解説

 アイ・リンク・コンサルタントの「すこぶるCMS」は、クラウド型のコンテンツ管理システム(CMS)だ。GNU GPLライセンスで公開されているオープンソース版「Movable Type Open Source」を利用している。ドメイン名を取得するサービスも提供しており、ワンストップで自社サイトを構築できる点が大きな特徴。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブページのレイアウトは利用者が設定できる。「一般企業」「宿泊施設」「美容室」「飲食店」「教育」「医療」「製造」「建築」の8業態向けのテンプレートを用意しており、通常はこれをカスタマイズして利用することになる。

 ブログを設定管理する機能を搭載。新規コンテンツは、この機能を利用して追加していく。追加されたコンテンツは、新着情報としてトップページにリンクが張られるようになっている。標準で取得したドメイン名のメールアカウントを1つ提供する。

 オプションで、ショッピングカート機能を導入することが可能で、通販サイトとしても利用できる。ページ修正やアクセス報告、検索エンジン最適化(SEO)に関する情報提供や助言などの運用保守サービスを有償で提供する。

すこぶるCMSのまとめ
用途と機能クラウド型のCMS
特徴Movable Type Open Sourceを利用。ドメイン名を取得するサービスも提供しており、ワンストップで自社サイトを構築できる
税別価格初期設定費用:3万2400円、サーバ使用料:年間5万400円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan