クラウド

世界クラウドインフラ市場、Q2は80億ドル規模--AWS、MS、IBM、グーグルがけん引

Synergy Research Groupは、世界クラウドインフラサービス市場に関する調査結果を発表した。2016年第2四半期の売上高を80億ドルと見積もり、前年同期比51%増になるという。通年では、280億ドルに近い規模まで拡大する予想。

 Synergy Research Groupは、世界クラウドインフラサービス市場に関する調査結果を発表した。2016年第2四半期の売上高を80億ドルと見積もり、前年同期比51%増になるという。通年では、280億ドルに近い規模まで拡大する予想。

 売上高の1位はAmazon Web Services(AWS)で、3割強のシェアを獲得。2位Microsoftのシェアは1割強で、その差は大きい。これに3位IBM、4位Googleと続く。これら4社は、シェアが大きいだけでなく成長率も高かった。具体的な売上高の前年同期比は、AWSが53%増、Microsoftが100%増、IBMが57%増、Googleが162%増。4社合わせた成長率は68%増。

 これに対し、下位ベンダーは上位との差を広げられている。5位から24位までの20社が記録した成長率は前年同期比41%増、25位以下は同27%増で、上位4社への集中が進んでいた。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]