BI アシスト

業務にあわせた使い分けでコストを抑制--“イシダ流”BIツール活用術

業務用の計量包装機を製造販売するイシダは、用途とコストのバランスを図りながらビジネスインテリジェンス(BI)ツールを使い分けることで投資と経費を抑えている。その使いこなすための仕組みを解説する。

 業務用の計量包装機を製造販売するイシダ(京都府、グループ従業員数3205人)は、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに「QlikView」と「WebFOCUS」を導入し、用途とコストのバランスを図りながら使い分けている。


 WebFOCUSを全社導入したのは2008年。既存のBIツールでは、バラバラだった基幹システムのデータを素早く抽出、分析するために利用していたが、保守費用がかさむ上に作業も属人化していた。

BIツールの使い分けで投資と経費を抑える

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1005文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan