タブレット

世界タブレット市場、第2四半期の出荷は3870万台で12.3%減

IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は3870万台で、前年同期の4410万台に比べ12.3%減だった。

 IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果の速報値を発表した。それによると、2016年第2四半期のメーカー出荷台数は3870万台で、前年同期の4410万台に比べ12.3%減だった。

 この出荷台数は、スレート型とデタッチャブル型の両タイプを合わせた数値。スレート型は、その数が減少続きだが、出荷台数の4分の3以上を占めている。

 タブレットの出荷台数をOS別で見ると、Androidが65%でもっとも多く、次いでiOSの26%。残りがWindowsとなる。ただし、Ubrani氏は「現時点では、AndroidがiOSやデタッチャブル型Windowsに対抗するのは難しい」と指摘した。しかし、「今後12カ月から18カ月は、Googleがマルチタスク対応を改善させた次期Androidをリリースし、AndroidとChrome OSをまとめ始めることから、興味深いことになるだろう」と話す。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約587文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan