会計ソフト ソリマチ

タブレット会計:入出金明細で自動仕訳する会計アプリ--1300の金融機関に対応

会計帳簿アプリの「タブレット会計」は、全国の約1300の金融機関から入出金明細を取り込み、自動仕訳する。iPadで動作し、無償で利用できる。

  • iPadで動作し、無償で利用できる
  • 全国の約1300の金融機関から入出金明細を取り込み、自動仕訳が可能
  • タブレットのカメラを使ったデータの取り込み機能も搭載

タブレット会計の製品解説

 ソリマチの「タブレット会計」は、中小企業や個人事業主向けの会計帳簿アプリだ。iPadで動作し、無償で利用できる。全国の約1300の金融機関から入出金明細を取り込み、自動仕訳が可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 銀行口座への振り込みや引き落としを通じて行われた仕入れ、売り上げや、クレジットカードで支払った経費などを自動仕訳する。基本的な記帳を自動化することで、業務の効率化と入力ミスの防止に役立てられる。

 領収書やレシートをタブレットのカメラで撮影して、データを取り込む機能も搭載。画像データを保管することも可能だ。

 アプリのフロントページはカレンダーの体裁になっており、自動で取り込んだ未処理取引の有無が一目で分かるようになっている。手入力の手間を極力減らすように設計されており、画面の指示に沿っていけば処理が完了する。例えば、データを手入力する場合、具体的な用途を選択すると、自動的に仕訳して会計処理を行う。このため、簿記の知識がなくても利用できる。

タブレット会計の画面例
タブレット会計の画面例(ソリマチ提供)
タブレット会計のまとめ
用途と機能中小企業や個人事業主向けの会計帳簿アプリ
特徴iPadで動作し、無償で利用できる。全国の約1300の金融機関から入出金明細を取り込み、自動仕訳が可能
税別価格無償

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan