オフィスソフト Microsoft

「Excel」シートのグループ化--簡単に使いこなすための6つのヒント

「Excel」では、複数のシートを選択し、グループ化して編集することができる。この記事では、グループ化の便利な使い方をいくつか紹介する。

 「Excel」では、複数のシートを選択し、グループ化して編集することができる。こうやってシートをグループ化すると、アクティブなシートに対して行うすべての操作が、グループ内のほかのシートにも反映される。同じような構成のシートに関連するデータを分けているブックならば、こうしたグループ化によって、書式設定や編集の時間を大いに節約できる。グループ化されたシートを利用して、思いもよらないようなこともできる。この記事では、読者が考えたこともなかったようなグループ化の便利な裏技をいくつか紹介する。

 筆者は64ビット版の「Windows 10」で「Excel 2016」を使用しているが、ここで紹介するヒントは、そのまま旧バージョンに応用できる。なお、ダウンロード可能なデモファイルはない。

関連しているが異なるデータ

 グループ化をうまく活用するには、「関連しているが異なる」データ構成が必要だ。各シートは、目的が似ていて、もっと重要なことに構成も似ているが、日付や担当者、部署といった定義基準によって、データは別々のシートに分けられている。月別の注文数や地域別の販売高、教師別のクラスといった具合だ。すべてのシートを合わせれば全体の注文や販売高、クラスとなるが、構成によりデータが分けられている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3195文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan