マーケティング

LiveCall:動画でやり取りするウェブ接客サービス--専門スタッフ対応も提供

ウェブ接客サービスの「LiveCall」は、動画でリアルタイムにやり取りできる。専門スタッフが接客するサービスも提供。8カ国以上の言語に対応し、越境ECにも対応できる。

LiveCallのポイント

  • 動画でリアルタイムにやり取りする接客サービス
  • 専門スタッフが接客を担当するサービスも提供
  • 8カ国以上の言語に対応し、越境ECにも対応できる

LiveCallの製品解説

 スピンシェルの「LiveCall」は、動画でリアルタイムにやり取りできるウェブ接客サービスだ。音声やテキストでも対応する。同社の専門スタッフが接客を担当する「エージェントサービス」もある。サイト上で実店舗のような購入体験を提供できることが特徴だ。

編集部おすすめの関連記事

 アパレルなどの場合、動画に実際の商品を映しながら接客できるため、顧客の不安や疑問解消の効果が期待できる。古着の買取りの簡易査定や、店舗間での現物確認時といった用途にも活用できる。

 遠隔医療や高齢者向けサポート、カウンセリングなどにも活用できる。アプリやプラグインのインストールが不要で、ブラウザから直接通話が始められるため、操作が容易にできるという。対面通話の日時をあらかじめ設定する「予約機能」を付けることも可能だ。

 越境ECや多言語への対応も特徴の1つ。8カ国以上の言語に対応した多言語スタッフがおり、海外ユーザーの質問や疑問にリアルタイムで対応するという。

LiveCallのまとめ
用途と機能ウェブ上でビデオを使ったリアルタイムな接客を提供するウェブ接客サービス
特徴同社の専門スタッフが接客を担当する「エージェントサービス」もある。サイト上で実店舗のような購入体験を提供できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan