クラウドサービス Google

「Google+」を業務で使用--「Google Apps for Work」管理者が確認すべき機能と設定

グーグルは先頃、「Google Apps for Work」ユーザー向けに「Google+」を「補足的なGoogleサービス」から「コアサービス」に格上げした。ここでは、同サービスの主な機能や管理者が確認すべき設定などを紹介する。

 Googleは先頃、「Google Apps for Work」ユーザー向けに「Google+」を「補足的なGoogleサービス」から「コアサービス」に格上げした。Google+は「Google Apps」ツールスイートを構成するほかの7つのコアサービス(「Calendar」「Contacts」「Drive」「Gmail」「Google Talk/Hangouts」「Groups for Business」「Sites」)に仲間入りする。

 これにより、近いうちに、ほかのコアサービスとともにGoogle+のステータスもhttps://www.google.com/appsstatusに表示されるようになる。このリストには、Gmailや「Docs」「Sheets」「Slides」といった個々のアプリのステータスのほか、オプションのアドオンデータ保持サービス「Vault」のステータスも表示される。

 さらに、Google+のコアサービスへの昇格により、Google Apps管理者はGoogleからGoogle+のサポートを受けられるようになる。管理者は電子メールや電話(そして、Googleの担当者との直接的なやりとり)を通して、同サービスに関する質問に対応してもらうことができる。このようなサポートを受けられるのは、コアサービスだけだ。

 今回の昇格に伴い、「Google for Work」ユーザーは新しいGoogle+に移行する必要がある。新しいGoogle+では、「Communities」と「Collections」「People」が中心になっている。Communitiesでは、さまざまなグループを作成して、ユーザーを分類することができる。一方、Collectionsでは、投稿を分類して整理することができる。例えば、プロジェクトチームのGoogle+ Communityを作成した後、Collectionを作成して、あるトピックに関連する投稿を共有する、といったことも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1782文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan